読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

経済

戦争を抑止する経済理論「社会的共通資本」

戦争について考えてみる。なぜ、戦争について考えるのか、平和を維持する為に何が必要かと言う事を考える為にそれが必要だと考えたからである。高校の歴史の先生に「戦争には必ず経済が関わっている」という言葉を今でも思い出しながら、イラク戦争や歴史上…

パナマ文書の衝撃 タックスヘイブンの実態が明らかに

パナマ文書とは? パナマの法律事務所のモサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)によって作成された一連の機密文書の事。この文書には、オフショア金融センター(タックスヘイブンなどを使った金融センター)での取引(1977〜2016)の1150万件の2.6TBのデー…

貧乏な人がいる限り、経済は成長できる。

世界経済が低調である。しかし、これは新自由主義経済が世界を席巻し引き起こした現象であり、問題は新自由主義経済が引き起こすデフレによる所が大きい。新自由主義がデフレを起こすメカニズムについては、要するに新自由主義で怒っている事は富の富裕層への…

これからの日本について(経済編:デフレ経済から景気回復へ)

最近、安倍政権の批判ばかりを書いているのですが、それよりも、今日本が直面する問題を、経済、労働、教育、医療などに分けて、書いてみたいと思います。初日は経済です。経済 〜デフレ経済から景気回復へ〜 現在の日本のデフレ不況は、大企業に富が貯まっ…

レストランのレプリカのような経済政策

今日は駅前まで行ったら、その途中で、お店が2つも閉店していた。景気は悪い。業務スーパーのような低価格品を売るチェーン店が増えている事からも家計の厳しさが垣間見える。なぜ駄目なのかも分かる。そして、どうすれば解決できるのかも教科書に書いてある。…

立ち食いステーキ、「いきなりステーキ」の成功に見る世相

立ち食いステーキ、いきなりステーキがなぜ成功したのかという記事を見て驚いた。実は自分の家の近くにも「いきなりステーキ」が開店したのだが、失敗すると思っていたからだ。なぜなら、うちの近くは、駅前でもないし、ベッドタウンで商店街は近くにあるが人…

円高は、どこまで続くのか

円が高くなっている。米国FRBイエレン議長の2月10日の証言以後、一気に4円上がった。ただ、議長証言を前に、市場が内容を織り込んでいて1月30日から、円高は始まっていて、その水準からすると、たった11日の間に9円も円が上がった事になる。 2016.1.22〜2.11 …

東芝、シャープの没落の理由を考えてみる。

東芝、シャープの赤字、それは、賃金低下の中、安いものしか売れなくなり、その中で新興国と同じものを作ろうとした結果だと思う。安くしないと売れないという強迫観念に縛られ、高付加価値品を作る事を怠った。あるいは、高すぎる高付加価値品を作ってしまっ…

消費税増税よりも法人税の欠陥を是正すべき 想定是正額:9兆4065億円

中央大学の先生が、消費税と法人税についてとてもいい話をしているので、紹介する。 メチャクチャにされた消費税と法人税 中央大学名誉教授 富岡幸雄 税務会計学者 http://president.jp/articles/-/17169この中で、消費税を5%に減税する事で、消費意欲を喚…

2016年株価、初っぱなから大幅下落

中国上海市場の株価の下落、取引停止(サーキットブレーカー:上海・深セン上場株式300銘柄の平均株価が7%変動した時、取引停止する制度)を受けて、日経平均は年初から大幅下落 中国株で初のサーキットブレーカー 段階的発動で下げ止まらず、 専門家に…

東芝の大規模リストラに見る日本の電機メーカーのダメなところ

東芝が粉飾決算の後、会社の本当の決算を吐き出した。この惨憺たる数字の羅列を見て、長期にわたる無能経営と文化庁の無理な著作権政策が東芝をダメにしたと思った。だが、これは東芝に限った事ではない。なぜなら、今や日本メーカーの商品で私が欲しいものは殆…

1億総活躍社会の法人減税は景気を悪化させる 2015.12.18

安倍政権の一臆総活躍社会について法人減税について考えてみる。第一の矢 ・法人実効税率を20パーセント台にまで引き下げる。 これは、景気を悪くする政策であるので、第一の矢から折れていると言わざる終えないが、なぜダメなのか説明する。これはインフレ…

GPIF、7-9月の運用損失7兆8899億円

年金基金の株投資で7兆8899億円の損失が生じた。これは、安倍政権が通常、株投資に以前の12%とされていた年金基金の運用ポートフォリオを安倍政権は、非常識にも50%に上げた結果といえる。 GPIF、運用改革後初の赤字 7―9月に7.8兆円の損失 http://jp…

日本の景気回復について考えてみた。

日本の景気を回復する為に、どのようにお金を流せばいいかと、最近、表計算ソフトと、にらめっこしている。そんな事、政治家じゃないんだから、庶民のお前がする必要がないって言うのは違う。なぜなら、私達は誤った経済政策に騙されて不況に陥っているからだ。…

改良型H2A、初の民間衛星打ち上げ成功 2015.11.24

改良型H2Aロケット(H2A:29号機)が、2015年11月24日午後3時50分、初の民間衛星(カナダの通信放送衛星Telstar 12 VANTAGE)を鹿児島県 種子島宇宙センターから打ち上げられ、同日、午後8時17分、高度3万4000kmで衛星を切り離し、打ち上げに成功した。 …

ステルス利権:日本の不景気の原因

社会問題について考えていて、要するに既得権との戦いであると、しかも、彼らは賢く、自分たちの既得権の存在をマスコミを支配するなどして見えないようにしている。これをステルス既得権と呼ぶことにする。 利権隠匿構造 マスコミは、この中で大企業に対し…

日本の不況は、マルサスの「過少消費説」で説明できる

お金の流れをみると、消費税が不況の原因だと分かったのだが、そう言う事を言っている人が少ないと思ったので仲間を探すためにグーグル先生に聞いてみたところ、出てきました!お仲間が! トマス・ロバート・マルサス(1766-1834) 200年位、昔の経済学の先…

中国バブル崩壊の可能性について

上海株価指数が7月8日、前日(7月7日)終値から一時、8%下落、終値ベースでは5.9%下落した。個々のところの中国の投機熱の過剰さから、リーマンショックの再来とも想定される中国株価について考えてみる。 2015.7.8 上海株、下落に歯止めかからず なりふり…

なぜ、日本は不況なのか?

経済学の本を読んだら、なぜ、不況なのかわかったんだけど、テレビでは、それが全く報道されないというのが違和感がある。というのは、教科書に1+1=2みたいに極めて明瞭な感じで書かれていることが、この20年間、一度としてテレビで見たことがないというの…

フジテレビの経済ニュースの嘘 ミクロとマクロの混同による騙しのトリック

フジテレビのワイドショーを見ていると、詐欺の手法がオンパレードで閉口した。今日は物価高について述べていた。1.最初は値上げの事実を提示して信用や共感を得る。 2.次に個別理由で全体の問題を打ち消す。 「〜ですが」と言って、悪いところばかりではな…

デジタルカメラ市場、コンパクトは終焉へ(敗北の理由は成果主義にあり)

デジタルカメラのコンパクト市場の輸出が急速に縮小している。スマートフォンのカメラに押されて、息も絶え絶えだ。 デジタルカメラに見た、わずか20年の繁栄と終焉 http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20150430/416687/?ST=d-ce&P=1 アメリカのウ…

日本経済が凋落した本当の理由

問題が起きたとき、その原因に立ち返って考えるのが普通であるが、マスコミの経済報道は、低迷の原因については、あまり深く伝えられず、専ら対策について報道されている。これでは順番が逆である。病気でも、まず最初に何の病気か診断して、その後に治療す…

中国の景気とAIIB

中国の景気について、毎年7%の経済成長を維持するのには、外需に頼らず、内需経済の拡大が必須であるが、この点において、中国は13億5700万人(2003年)もおり、富の分配を適切に行えば、まだまだ需要を掘り起こせるレベルにある。 中国の一人当たりの名目G…

中国は、AIIBでシャドーバンク問題を解決するだろう

中国のシャドーバンクの問題をNHKで見ていて、どのように解決すればいいかグーグルで探してみると、面白い記事があったので紹介する。 中国版シャドーバンキングの規模は31兆元 政治リスクが崩壊後の処理を難しくする http://diamond.jp/articles/-/49719中…

Appleの動向からその将来戦略を読みとく 2015.3現在

Appleの動向から、同社の戦略が間接的に見えてくる。まずは、電気自動車を2020年までに発売するという話。200人以上が、自動車チームにいるとのこと、そこには、バッテリーやロボット工学のエンジニアなどが含まれているという。プロジェクト名は「Titan」と…

価値の創造の仕方

価値の創造の仕方について書いてみたい。日本メーカーは成果主義の導入によって、コレができなくなった。そこで、価値の創造をどのようにするのか、書いてみたい。 相手の立場に立つ、これが大前提である 価値の創造は、相手の立場に立つことが大切である。…

シャープの経営危機について 2015.3.5

シャープがまた、経営危機だという。インターネットの文章の記事を見ても、よくわからないので、決算書をダウンロードしてみた。すると、シャープの経営危機の根本は、高付加価値品が作れないことにあると自分は見る。では、決算書を見てみる。 シャープ:20…

グローバル経済否定論 無謀な戦いで疲弊するなかれ

自分がグローバル経済について否定的なのは、世界に出て行けば、日本は勝てるという安易な夢想を持っていないからである。古いとか、新しいとかではなくて、状況がとても厳しいことを知っているからこそ、無謀な戦いで疲弊するべきではないと言っているので…

教科書通りに正しくアベノミクスは失敗した

テレビを見ていると、これでは正しい判断が出来ないと感じる。確信に触れるところは、まず報道されないし、専門家が嘘を平気で言う。なぜ、ウソか分かるかというと、例えば経済学の本を読むと、まず、一丁目一番地に需要(消費)を増やさないと供給(仕事)…

日銀の金融緩和、70〜80兆円に

訂正:11月3日に書いた記事の中で、年金の部分に致命的な計算間違いがありましたので、書き直しました。調べると非常に深刻な事態であることがわかり、この重要な問題について間違った記事を書いてしまったことを深く謝罪するとともに、訂正記事を載せます。…

訃報:宇沢弘文さん死去(東大名誉教授 理論経済学の第一人者)

経済学者、宇沢弘文さんが9月18日、午前4時49分、肺炎のため東京都内の自宅で亡くなられた。86歳 中日新聞:宇沢弘文さん死去、86歳 理論経済学の第一人者 2014.9.26 http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2014092602000260.htmlこの知らせをネ…

宣伝された不況

法人企業統計を見ると、利益の総額から見ると決して日本の企業は不況とはいえない水準と言える。2012年(内部留保:10兆円、配当金14兆円)しかし、その利益の大半は株主に払われる配当金や大企業の内部留保になってしまい、私たちの懐には入ってこない。テ…

「株価だけ」上がっても意味が無い。

株価が上がっているから、経済が上向いているという主張は経済のことを知らない人の言うことです。というのは、株価が上がって良いのは、企業が、その株を担保にして資金調達がしやすくなることですが、デフレで需要が細っている時に、資金調達をして設備投…

ApplePayのまとめ

0.「Apple Pay」とはなんぞや? Appleの新しい決済サービス、ApplePayについてまとめてみた。ApplePayは、Apple版のNFC(近接場型無線通信:Near field communication)を使ったサービスで、FelicaやSUIKAみたいなものです。(1mから10数cmの距離での小電力無…

「年収は住む所で決まる」日本の低迷の理由

年収は住む所で決まるという記事を読んだ。 『年収は「住むところ」で決まる 雇用とイノベーションの都市経済学』 http://www.lifehacker.jp/2014/09/140901book_to_read.htmlそれによると... ある都市でイノベーション産業の新たな雇用が生まれると、それ以…

構造改革とは、搾取経済への移行を意味する。

普通、何らかの対策を取れば、その結果が出てくるものですよね。しかし、ここ数十年それをやっているのに、未だに成果が出ないものがあります。それは「構造改革」というものです。なぜか、構造改革をすればするほど、庶民の経済は厳しくなって、多くの人々…

お金持ちの節税対策と日本の景気

お金持ちの節税対策をNEWSポストが報導していた。 お金持ちが高級外車に乗る理由 見栄ではなく税金減らすため http://www.news-postseven.com/archives/20140716_261409.html1.経費で落とす 所得税を減らすためには、経費で所得を減らすという方法論がありま…

現在の不況の原因は、株式会社という制度そのものにある

法人企業統計を見ていて、現在の不況の原因は、株式会社という制度の構造的欠陥だと思い知らされる。企業が内部留保を貯めこみや配当金を払うのは、全て株主のためである。バブル期よりも200兆円も多く、利益剰余金を貯めこみ、経済を不況にしている。実は、…

ステロイド剤のような欧米金融資本主義

欧米の金融資本主義について自分が抱くイメージは、ステロイド剤と似ていると思うんです。ステロイド剤は、炎症を一時的に抑えますが本質的な問題(炎症の元となっている問題)を解決はしないので、量を多く使いすぎてしまうと、炎症がよりひどくなったり、…

「おかしい」が「マズイ」に変わるとき <日本経済編>

オカシイと思うことがある。ただ、それは、「マズイ」の一歩手前の段階、では、どうなれば、オカシイことがマズイことになるのか、それは、オカシイことに確証が生じた時である。だが、大抵その確証というのは、現実によって知ることが多い。情報通の人は、…

スーパーで若者の報われなさに怒りを感じつつ、帰途につく

消費税があがったので、近所を散歩しつつ、安全な産地の食材を扱っている安売りスーパーを探し回っていた。業務用食材のお店を見つけ、ウィンナー1kg 460円というのを見て「安いな〜」と思いカゴに入れていると、何か怒られている声がした。若い店員の青年が…

現在の日本経済を血液に例えてみる 2014.5.14

現在の日本経済を、血液に例えて考えてみると、局部的な低血圧、貧血状態であると言える。血液循環系統に支障があり、必要な箇所に血液が流れず、機能不全を起こしている。GDPを日本経済という血液の総量だとすると、その量は横ばいである。 名目GDP 1989-20…

法人税減税は内部留保や配当金が増えるだけ、本当の景気対策とは?

安倍政権が法人税減税をしようとしているが、デフレ時には、需要を増やすのが基本であり、供給を増やす法人税減税は意味が無い。それについて、もう少し具体的に考えてみると、まず、現在の不景気は生産力が足りないから起きているのではなくて、消費が足り…

TPPを理解するには...現代のアメリカを理解するべき

TPPを理解する上で重要となるのは、90年代以降のアメリカを知っているかどうかなんだと思う。なぜなら、多くの日本人のアメリカのイメージは冷戦時の80年代のものに見えるからだ。しかし、90年代以降、共産主義というライバルが消え、資本主義が、その本質で…

日本のデフレの原因、皆さんが裏切られるワケ

安倍が国民を裏切っていることに気づかない人が未だにいると思うが、消費税の増税で、それに疑問符がついてきたと感じている方も多いと思います。これを感じるのは恐らく、家計を預かっている主婦の方だと思います。なぜなら、給料は上がっていないのに、円…

日本郵政株売却で日本を金融的に乗っ取れる可能性

政府は、郵政公社の株を2/3売却を決めるらしい。通常、支配権を維持するために必要な株は51%であるが、それを上回る66.6%の株を売却できると決めた持点で、政府は郵政公社の完全に民間に売り渡すことを決めたと言ってもいい。しかし、これは、日本を売り渡…

TPPのような「裏切り経済」では、儲からない

台湾の立法院占拠の情勢を見る。中国版TPPとも言えるサービス貿易協定反対の若者達を見て、正常な民主主義社会とはこうあるべきだと思った。ただし、それが自分の国でないことが残念。 サービス貿易協定に反対する台湾の群衆 若者の抗議が一定の成果を上げ、…

ソロス氏、株の大幅下落を予測する 2014.2.22

ソロス氏が株の大幅下落を予測している。私は、相場について考えるときにはソロス氏の言葉を参考にしている。というのは、彼の予想は確度が高く、そして、彼自身が比較的、他の金融アナリストと違って、率直な意見を言うからである。 ソロス氏「株式市場の大…

九工大:竹繊維で低コストな強化プラスチックを開発

九州工業大学の西田治男教授が、竹繊維を使ったプラスチック材料を開発した。 西日本新聞:竹ファイバーで強化プラスチック 九工大が新材料開発 2014.1.29 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/66254 竹繊維を混ぜたプラスチックで作った建築…

日本経済再生には何が必要か?

よく「現場を見ろ」といいます。では、経済の現場とは何でしょう。消費、物価、人々の生活、タクシーの運転手の声、等々あると思いますが、もっとも重要なのは「数字の流れ」です。この数字の流れを追わないことには、経済を語ることは出来ません。経済は、…