SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

最近、なんでこんなにつまらないのだろう...

最近、面白いと思える情報がなく、なぜなのかと考えている。あまりにも面白くないので、世の中が面白くないのではなくて、自分が面白い事を見極められないのではないかと考えるようになった。
 
PC関連

  • iOS 4.2は、改悪が一点あり、これが致命的か、それに準ずるレベルなので、ハッキリ言って期待ハズレ、私の場合、操作品質がダウンした機器に対する評価は厳しい。つい最近も、レインボーサークルでまくりのSafariからサクサク動くFirefoxに乗り換えた。

 
環境 

  • 環境面では、リーマンショック以降、新しいニュースが出にくくなっており、非常に退屈。これは、不況で開発費が抑えられて社会全体が停滞しているのかもしれない。

 
AV機器

  • 最近面白いなと思ったのは、USBオーディオによる高音質化がクローズアップされてきた事だが、欲しいと思える製品をメーカーが作ってくれないので困る。元々USBオーディオは、音楽を演奏する人向けに作っている傾向が強く、音楽を聞く側に立って作られている製品を見ても、う〜んと思ってしまう機能の編成...ボリューム調整が出来るのか?出来たとして、どの端子が連動するのか?そういう情報がWebページにないので困る。(iPadでボリューム調整をして、それが反映される背面のピン端子(あるいはPhone端子)から、アンプ内臓スピーカーに接続したいというニーズ←前面のPhone端子ではダメ、ヘッドフォンに使うから、一定レベルのピン端子では、iPadでワイヤレスでボリューム調整できないからダメ)

 
テレビ

  • 3Dは日本メーカーは、相変わらず高価な大画面モデルしか出さないので、自分には関係ないなと思える。一般消費者の10万円以下のニーズに合致した魅力的な製品としては、最近ではソニーのGoogleTVがあるが、この製品の写真を見ると、普通のリモコンの写真がないので、その時点では拒否反応が生まれてしまう。もっとも、3000円くらいで学習リモコンを買えばいいのかもしれないけど....

 
政治 

  • 政治は、民主党が野党ともめて、膠着状態で何も決められない状態のようで、これもまたつまらない。面白かったのは尖閣ビデオという個人の力によって世の中が動いた事。

 
面白くないのは、多分、自分のニーズと現実がフィットしていないからだ。iPadのアップデートは、サイドスイッチの画面回転ロックの仕様変更は、寝ながらiPadを操作をする私のニーズを、ほぼ完璧に無視するものだった。環境は、新しい発見などが、不況などで停滞していると感じる。明らかにニュースの件数が減っていると感じる。オーディオ関連の場合、USBオーディオの仕様が微妙に私のニーズに合致していない。テレビも3Dが高くて手が出ないし、安い奴は視野角が狭いし、GoogleTVは普通の片手で持てる細長いリモコンがないしといったところ。微妙にズレている。政治は、期待した改革を1年たっても一件も出来ず、官僚にコントロールされているのは明らか、とても期待ハズレ。
 
もしかしたら、要求が高すぎてニーズと合致せず、それが面白くないのかも...と思う。確かにそういう部分はある。技術的にできないもの、経済的にできない事、コスト的にできない事もあるのだが、明らかに、ユーザーのニーズを無視している操作体系とか、必要な機能があるのか分からないWebのカタログなど、ユーザーニーズをきちんと把握していない場合もあるので、これらの事については文句を言いたい。あと政治では、恐らく単に無能だからというのが当てはまるのかもしれない。菅政権になって、それが強くなった感がある。
 
面白くないものの背後に不況だとか無能がある。目に映るものが非常に退屈なので、見ているだけで行動しない受け身ではいけないのかもと思える。あまりに受け身で面白くないので、自ら行動する事で面白くなるのかも...そう考えるここ最近。