SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

NHK:「MEGA DISASTER 第4集 火山大噴火」をみて地震を考える

NHKスペシャル「巨大災害MEGA DISASTER 第4集 火山大噴火」をみた。冒頭、アメリカのイエローストーンにある火山観測研究所の地震震源を観測したCG映像を見た時、釘付けになった。

 イエローストーン地震震源(4万5千回)の映像
 

円柱状の震源の分布を見て「この震源の分布、プレートテクトロニクスを否定しているんじゃ…」と正直思った。というのは、もし、プレートテクトロニクスの理屈で地震が起きるのであれば、地震は地層と地層の境界面、つまり、形状として、平面境界に分布していなければならない。しかし、この映像は、溶岩が吹き出す境界とも言えるべき、柱状の分布をしている。

つまり、高熱の溶岩付近で地震が起きているのである。そこに地震を起こすほどの巨大な振動源が発生していると見るのが妥当である。自分は、地下に何らかの爆発性の気体が発生し、それが爆発して地震が起きているのではないかと思っている。というのは、地震が起きる前に井戸の水が干上がったり、海や湖で泡が吹き出す現象が観測されているからだ。自分は、これを水素だと見ている。その理由は、地下には水があり、そして、地震などが起きるときには、地下に電気が発生する事が分かっているからだ。水と電気が合わされば、電気分解して水素が出来る。それが爆発して地震が起きるのではないかと思うのだ。

番組では、溶岩は地下のマントルの高熱にさらされた岩石が溶け、比重が軽いので上に上がっていくと説明されていた。であるならば、プレート境界面で地層がズレるときに大量の静電気が発生し、それが溶けた溶岩を伝って地下水脈とぶつかって水素となり、爆発すると考えれば、説明ができるのではないかと思った。地震雷というものがあるのではないかと自分は思う。つまり、地下で雷のように巨大な電気が発生し、それが溶岩を伝って地上に登ってくる途中で地下水とぶつかるという形で地震が発生するというものだ。これだと、円柱状の震源域の説明ができるのではないかと思うのだ。また、観測された泡や、赤い夕焼けも発生した水素によるものと考えることが出来、膨大な電力が、このような円柱のなかを通るということは、その周辺に巨大な磁界が生じ、そに磁力によって電波障害や、地震雲のようなものが生じるのではないかと考えることが出来る。

日本の溶岩は水を含んでいて、岩石が溶けやすくなるという。水の分子は高温高熱になると活発に動き回り、周囲の物質の分子とぶつかり、溶かしていくという。これが溶岩となる。こういうミネラルを含んだ物質が溶けて、まるでケーブルの様に地上に伸びていき、そこに火山ができる。そして、周辺に地震も起きる。つまり、プレート境界が地震の原因とも言うべきものなのだが、それが起きるメカニズムは、地層の反発ではなく、それによって生じる静電気によるものではないかと自分は思う。ただ、この理屈だと大量の水が水素になるので、地震が起きる前に地盤沈下とか、巨大な爆発なため、地下に大穴が空いて凹むとか、そういう現象が起きていいはずなのだが、それがないところを見ると、単純な水素爆発というものではなく、雷のように葉脈を伝うように連鎖爆発していくというメカニズムの方が説明しやすいと思う。また、これでは地震が起きる前の地鳴りも説明できない。地鳴りは、大地が巨大なスピーカーのようになって低周波振動している状態だと思うので、これは地層がズレるときに、生じた微小振動が地表まで伝わってなっているのではないかと思う。つまり、地鳴りがなる時に大地がズレ、大量の静電気が発生し、その電気が溶岩を伝って地下水脈とぶつかって水素が発生し、それが爆発して地震が起きるというのが自分の推測である。例えば、地震が来る前に発生していた電波が収束するというのも、大量の電気が何かに堰き止められいるように思えてならない。それは、電気が水を電気分解している時に、そうなるのではないか、その間は水素が溜まり続け、ある時を過ぎると爆発し、地震となるのではないかと自分は考えている。

自分が考える地震のメカニズム(推測)
1.大地がズレる。(地鳴りが発生し、大量の静電気が生じる)
2.発生した電気が溶岩を伝って地上に登ってくる(磁場や電波が発生)
 ・磁場:地震雲
 ・電波:電波異常
3.登ってきた電気が地下水脈にぶつかる。(水素が発生:電波が収束)
 ・一部が地上に漏れて、光を屈折し赤い夕焼けとなる。
 ・海や湖で漏れた水素が泡となって現れる。
4.水素が一定以上貯まると爆発して地震となる。
 ・水素が爆発して水と酸素になるので通常の夕焼けに戻る。

NHKスペシャルの再放送
 巨大災害 MEGA DISASTER
 地球大変動の衝撃 第4集 火山大噴火
 迫りくる地球規模の異変
 9月25日(金)24:40〜25:29