SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

消費者に「ムダ」とされた読売新聞(半年で52万部減少)

プロバイダーがADSLのサービス辞めるって言うものだから、使えなくなったメールアドレスの移行作業を済ませ、何とか対処が終了した感がある。光は高いのでADSLの他の業者に切り替える事にした。孫さんが光を安くする構想を数年前に打ち上げた時は期待していたのだが民主党政権の瓦解によって、それも露に消えた。思えば、あらゆる可能性が鳩山首相の辞任から閉ざされたと感じる。それを実行したのがマスゴミと呼ばれる記者クラブメディアだと思うと、苦々しく感じる。そんな中で最近、読売新聞が52万部減少というニュースは朗報だった。(ザマーミロ)

 【新聞終了】読売新聞が半年で52万部減、朝日新聞も9万部減!
 減少数は地方の新聞社に匹敵!
 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2734.html

記事によると...
【読売新聞】
 2013年11月:10,007,440
 2014年 4月: 9,485,286
 (約52万部減 半年で5.2%減)

朝日新聞
 2013年11月: 7,527,474
 2014年 4月: 7,441,335
 (約9万部減 半年で1.2%減)

読売も朝日も少なくなった。特に読売の下げ方は急激で半年で52万部減少というのは、10年で1000万部の部数の全てが消滅するペースである。実際には、3月から4月にかけて約20万部減ったという統計から見て、消費税増税を境に家計の経費削減の一環として新聞が上げられたのだと思う。その中で読売が切り捨てられたのは購読者から「ムダ」と烙印が押されたと言っても良いだろう。

これから、消費税は家計に響いていくと思うので、この流れは続くと思う。インターネットは削られないが、新聞は削られるという傾向が続くだろう。家もメインの食料品のスーパーを切り替えた。業務スーパーという系列店でとても安く、通常の3〜4割程度安い商品がかなりある。

 業務スーパー系列店 検索
 http://www.kobebussan.co.jp/shop/

話がずれたが、要するに消費税を境にムダなものは切り捨てられるという過程において読売新聞が切り捨てられたのは正しい選択だった。反面、新聞メディアに変わりうるメディアの台頭は、まだ道半ばといった所で、良い専門サイトはあるが包括的なものはない。タブレットも出版物並みの解像度となり、ハードウェアやインフラは、揃っているが、そこに新しいメディア、マスコミが、どれだけ台頭していくかという点に注目が集まるだろう。

質の良い新聞であれば、切り捨てられはしないだろうが、もはや偏向報道が行き過ぎた読売のような新聞は、あと10年で消滅の憂き目に合う可能性も捨てきれない。恐らく、この10年の間にメディアの変革期が訪れるのではないかと思う。新聞は消費者に認められたものだけが残り、新聞をやめた人は、恐らくタブレットなどに配信される新しい新聞に移行することだろう。

 読売新聞購読料 3093円税込(年間:3万7116円)
 iPad mini(価格コム最安値  3万6720円)
 iPad Air (価格コム最安値  4万5190円)

そんな中で自分は最近、ニュースを集めてくるソフトを使っているが、困るのは、よく吹っ飛ぶこと、初代iPadではメモリが足りないらしく安定性が極端に低い。(初代iPadiOS5までだが、iOS7の人もよく落ちると聞いているのでiOS全体の問題のようだ)
 
 吹っ飛びすぎて、おちおち記事が読めないソフト
 Flipboard , SmartNews , グノシー

これらのソフトの安定性が十分なものになったら状況は変化し、多くの人がタブレットを購入し、新聞の契約を辞めることになると思う。今は、これらのソフトの不安定さによって、新聞各社は生き残っていられるんだと思う。特にインデックスから、ウェブページに移行した途端に吹っ飛ぶ、iOS8で、JavaScriptのエンジンがデベロッパーに公開される予定なので、それに各ニュースソフトが対応すれば、状況は好転するかもしれない。なぜなら、標準ブラウザであるSafariは安定していて、あまり吹っ飛ばないから。今回JavaScriptエンジンをAppleが公開したことによって、ニュースソフトとSafariは殆ど同じウェブ表示環境になるはずだから、そこから察すると、新聞の部数は来年の10%消費税増税の際に、さらに下がると予想される。まさに「マスゴミ」であるからこそ、契約が切り捨てられるのだ。ゴミだから...今は、ライバルであるニュースソフトが頻繁にクラッシュするから、クビの皮が繋がっているだけといえよう。