SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

緊急証言:菅前総理 元秘書 松田氏「福島第一原発は終息していない...」

管元総理の元政策秘書松田光世氏が緊急証言(2012.6.18)終息宣言された福島第一原発は、まだ終息していないとのこと、以下の内容は、この動画の全文書き出し。

  • 緊急証言「核爆発」と「石棺化」菅前総理元政策秘書(2012.6.18)

1.福島第一原発の状況

  • 4号炉の写真をアップで見たら分かりますよ。「象の足」が出ていますから

象の足とは、激しい高熱と放射能で、コンクリートや鉄が溶けて象の足のようにシワシワのドロンとした形になったもの。これがあることは、高熱(核爆発)の発生を意味する

  • 象の足?あんなものは核爆発でしか生成しない、チェルノブイリの爆発したところにも出ていた。というのを...見れば、3号機が核爆発して、その影響で4号機も爆発して、元々地震の段階で建屋は、歪んじゃってて、さらに爆発でもっと歪んだと、そう言う状態にあるわけです。それでも、歪んでない、歪んでない、歪んでないっていうんだったら、どうして4号炉のプールを必死になって、支えようとしてですね。やったのか?結局、全ての原発で燃料プールに水を入れているんです。それに燃料棒があって、それで水がなくなれば爆発するんです。それも3号炉で実証されてますから、それで、4号炉に1535本の燃料棒が今も入っていて、何かで余震が来て水が抜けたら爆発するわけですから、しかも傾いている。ということのリスクを、ちゃんと国民に伝えているかと...「そんなこと伝えたら原発が再稼働できないから言わなくていいんだ」と言っている人たちが、まだ経済産業省で、事務次官でござい、なんでございと、やっているわけです。そんなことで、国民が納得しますか?情報なんてみんな、分かりますよ、現場いっている人から、どれだけ情報が漏れているか、人の口に戸なんて建てられないんですから、日本中、分かっている人は分かっていますよ。収束してないんですから、今でもダダ漏れなんですから、それを必死になって循環させて、必死になって水をね...やんなきゃ、どうにもならないわけですから。

2.在日米軍原発対応

  • えっと、それは(3月)14日の夜に...色々動いていただきまして、まぁある委員会で...(よく聞き取れない)に電話をして、大臣にも報告して欲しいんだけれども、...(よく聞き取れない)参謀長よんで、米軍と福島(第一原発)に冷却材を投下する作戦の調整をしてもらえないかという話を聞きました。チェルノブイリはやっていないのですけれども、スリーマイルの米軍は、そう言う形で空中から冷却材を投下して、固めて石棺にするという方法を取りましたので、同じやり方をする必要がある...場合によっては...要するにまぁ、我々はまぁ、撤退させて、これは「させて」っていうパターンなんですけれども、するのを認めるんじゃなくて、もう...石棺にするという事を決めて、空中から(冷却材を)投下するという事で調整を依頼をしました。実際、動いていただいて、夜の内に米軍とある程度話ができて、(2011年3月)15日の朝10:00かな、あの、管さんが東電へ乗り込んでいって、同じ時間帯に防衛大臣から山形空港を...民間空港ですが、米軍が使用してもいいと、という指定をアクサ(ACSA:米軍との物品役務相互提供協定)に基いて、やりました。いわゆる、物品役務相互許定ですかね。あの...それは、山形空港がいざという時には、一つの拠点になると、そういう絵を書いたから、そう言う行動をとったのであって、何もなしにあのタイミングに突然、行われたことではありません。着陸地が茨城(空港)にある...山形と...福島や仙台は使えませんでしたから、あの当時、近くの空港で使える所は、その2つと、あと風向きによっては、ということで、当時洋上にカール・ビンソン(空母)が来てました。カールビンソンと百里基地茨城県にある航空自衛隊の基地)と山形空港の、風上のところを拠点にして、飛んでいって、冷却材を落とすという作戦を立てたと聞いています。3つの方向ですね。拠点を3つ作っておけば、その内のどこかは風上になるだろう...という事ですね。米軍の方はとにかく風上の方でないと作戦は出来ない。風下でやると自分たちが被曝しますから、という事で、そういう作戦計画があったことは間違い無いです。ただ、それをやるには、現場の人を撤退させなければいけませんから、そこはクリアにならない、管さんが止めたわけです。そういう形でしたから、その作戦は基本的には幻に終わっていますけれども、準備はされたことは間違い無いです。冷却材もアメリカから運ばれて、今も横田の基地にあります。そういう状態であることは間違いない。当時、横田に飛行機いっぱい来てたでしょ、米軍のね。横田で自衛隊の訓練やっている何か流してたでしょ。あれは、米軍がもしやらなかった場合、自衛隊がやってくれということで、訓練さして...そういうことがあったのは事実、今も従って機材(現在、保冷剤:ホウ素は百里基地に移動)はありますし、今地震が起こったら、直ちにやるかも知れません...くらいのことはやっているんです。

3.石棺化について

  • その当時からね。(石棺化する話は...)今からでも全然遅くないんですよ。石棺にすら出来ない位の状態なんですね。逆に言うと今は。やりたきゃヤルでしょうけれども、何とか中の燃料棒を出せないかといっているんですが、もうドロドロになった燃料棒...だしたというのは、ないんですね。これが...歴史的にないんですね。ないことに挑もうとされていて、出来るのかといったら、誰もやったことがないんで、出来るとはいえない状況のまま、推移している。最悪、汚染水が全部、海に出ちゃう話ですから、それをまぁ必死に循環させ、止めているだけという事で、それ以上のことは何も出来ていない。プールの奴(燃料棒)すら時間がかかっている。3号機にいたっては4号炉をあれだけ公開しても3号炉には一歩も近づけさせないという位の汚染状態が今も続いているというわけですね。にも関わらず、3号炉の燃料棒が無事だ無事だと騒いでいる人がいるのは考えられないですね。あんなにハッキリと爆発しているのに、東京電力から3月14日の午後六時くらいですかね、faxが来たんですよね。昼間の奴が夕方来たんですけど、それでもまだ、白煙があがったと書いてあるんですね。東京電力からの情報が...誰が見ても真っ黒だろうと、思うんですが、それを白煙だと言い張り、水素爆発だと言い張り、というのが来ていて、もう早速すぐ電話をして、「見たのか?」と「黒煙だろう」と「白煙じゃないだろう」と、「いや確認します」とか、その程度の話でウロウロしていて、そんな状態でしたからね当時は...あれだけハッキリ映像があるのに、まだ白煙と言い張るような人たちがやっている訳ですから、誰も信用しなくなるのは当たり前のことなんですね。東京電力発の情報で「黒」を「白」と言っているわけですよ。煙の色(色で何が燃えているか分かる)だけですけれども、クロをシロという人達に安全ですと言われても、信じられる人なんてどれだけいるんですか?

4.情報伝達の問題

  • 7月の時点で委員会で質問して、こうなってますよという情報を上げて、その時、初めて海江田大臣に分かるわけです。アメリカが3月18日の段階でハワイでラドメットというアメリカの環境保全局の(情報が)インターネットで完全に公開しますけど、放射性物質の数値がこんなに上がっていますよ。180倍くらいの上がっていますよ。で、ウランですけれども、22日にはカリフォルニアの方で軒並み数値が上がっていますよ。東海岸にはアメリシウム原発由来の放射性物質)も届いていますよ。そういう...これはもう完全に核反応しなければできない生成物の数値が上がっているわけですから、これはもう完全に福島由来のものであるという風に向こうのレポートではなっていますよと、読まれましたか?英語ですけど...我々に言うんですけど、質問したら、初めて聞きましたという答弁ですからね。そんな情報すら把握しないで、どうやって対応するんですかと言われるんですよ。だって、もうアメリカの同時モニタリングでやっている放射能の数値がボーンと上がって、全米であぁもう日本からプルームが来たっていう時に何にも情報がない状態で大臣とかがやっているのでは話にならないわけですよ。

5.原発の今後について

  • 風向きから言って、それは福島、爆発したら、こっちに来るのであって、太平洋の向こう側に行く方が多いわけですから、普通に考えて、現にそのとおりに数値が出ているわけですから、今後爆発があったのは、水素爆発ではないということは、分かるはずです。
  • (それがいつか国民の前で説明されるは来るんでしょうか)
  • いまゼロなんだもん(原発が稼働ゼロだという意味)
  • いやですから、原発をゼロにする決断をしない限り、それは出来ないわけです。ですから我々、原発ゼロにする為のロードマップをどう書くかっていって、今もう完全にゼロオプション(原発ゼロにする方針)で傾いていますけれど、今ゼロ(原発ゼロ)なんだから、このまま行こうと、ドイツが2022年だったら、日本は2012年だ。だって、今ゼロなんだもんと、しかも、この夏は乗り切れるんだから、このまま行こうと。

6.関西電力の問題

  • 計画停電なんてしようものならば、経営者は当然、辞任されるんでしょうね?去年の事故で今年対応ができていないということは、経営者として失格でしょう、1年もあって...だって、東電はあの状態で、いろんな火力が壊れて、復旧もし、新たにも作り、大慌てでやって、去年の夏、間に合わせたんですよ。3月25日から、ガスタービンを、そりゃ、タイから運んだのもあるし、なんでもやって、なんとかやったんですから。そんな努力を関電の経営者が1つでもしたのか?と。なんにもやらないでおいて、国民の皆さん、計画停電です。病院にいる人は死んでくださいといえるんですか?そんなこともしやったら、あなた方は殺人者ですよ。とゆうのが我々のマトモな感覚です。
  • 永田町でマトモな政治やっている人間からすれば、「いい加減にしろ」という事です。もっと言えば、電気事業法というのは、安定供給「義務」を課している。電力の...それが出来ない場合は、経済産業大臣は免許取り消さ「なければいけない」取り消し出来ると書いているんじゃなくて、(取り消さ)なければいけない。だからもう、「できません」という計画を出した時点で経営者に弁明を与えないで、免許だって取り上げられても、なんにも文句言えない。というのが関西電力がおかれた立場なんですよ。法律上。そのことを国民だってちゃんと理解して、きちっと言わなくちゃならない。メディアはもっと言わなければいけない。

まとめ

  • これを見ると当時の状況が分かる。撤退の意味も恐らくは米軍から東電に作戦が伝えられて、その為の撤退であったと間接的ながら、説明されている。ただ、東電の対応も酷くて、3号機の煙を白といい、水素爆発だと、見え見えの嘘を言ってしまう段階で、信頼できないのは明らかで、菅総理が信頼できなかったのも無理はない。東電はさらに核爆発である事を隠匿しようとした。官僚もそうで、3号機が核爆発だと言ってしまえば原発が動かせなくなるから、国民に言わないという無茶苦茶な事を言っている。だが、これで全てが繋がる。もはや、日本で原発を動かすべきではないという事が、核爆発を起こし、恐らくは毒性の強いプルトニウムを飛散したであろうことは明らか。もはや原発は再稼働なんて出来ない。危険すぎる。政権の中枢にいたこの方が、この時期(動画公開は6月18日)に公開されたのは恐らくは、6月15日の首相官邸前の大規模デモで民意を確認したからだと思う。大半の人が原発再稼働にNOを突きつけている。その中で再稼働などあり得ないという事なのだと思う。そのために、この証言をされたのだと思う。この証言がテレビではなく、YouTubeなのは、テレビが真実を伝えるメディアではないという証のようなものだ。もはやテレビは信頼されていない、三流メディアに成り下がったのだ。