SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

今年の緑のカーテンはキュウリ

最近、きゅうりの種を買った。うちのベランダは雨がそれほど落ちてこないので放射能汚染が軽微だろうと思い、今年の緑のカーテンは、きゅうりの種を蒔いてみようと思った。実際どの程度収穫できるかわからないし、キュウリがどの程度、汚染されているかわからないので収穫したキュウリを食べるべきか否かという事で悩むのだが、多分、大丈夫だと思ってきゅうりを植えてみようと思った。

去年うえたゴーヤは小さな実しかならず、収穫は殆どできなかった。化学肥料を使ったら、土が硬くなって逆に生育が悪くなったので、今年は化学肥料は使わず、食事の残飯から作る有機肥料にすることにした。その食事の残飯はバナナやグレープフルーツの皮で、多分、放射能は大丈夫。今年も緑のカーテンを作って日差しを遮ることにする。

今年の夏は予報では冷夏だそうで、去年よりも過ごしやすくなりそうだ。去年のゴーヤのノウハウを元に、今年はもう少し上手に緑のカーテンを作れればいいなと思う。緑のカーテンや扇風機を使いつつ、今年も節電を一生懸命やろうと思う。去年は、大きな扇風機を使わなかった。小型扇風機で済ませた。エアコンは部分的に使った。

今年の夏は、もうすこし工夫をし、涼しく過ごせるようにしようと思う。今年は、熱を吸収する寝具でもあればいいかなと思う。あと飲み物も工夫してみたいと考えている。色々と工夫するのは楽しい、単純に文明の利器に頼るのもいいのだが、その文明に頼らないで上手く工夫することに頭をひねるのは、楽しいものだ。足りないものがあってこそ、楽しいこともあると感じる。それもコレも、最後には文明の利器を使うことができる余裕があるからなのだが、そういう考えるということも、ある意味、贅沢なのかなと思う。文明の利器があるので、考えなければならないと強制されることもなく、かといって、単純にそれに頼っても退屈でつまらないだけであり、そうやって考えるという余裕が持てる状況が贅沢なのだ。

キュウリの育て方
http://ameblo.jp/daisuki-ayumi/entry-10362229995.html

買ったキュウリの種

広告を非表示にする