読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

気温・光量・湿度を自動調整して熱帯雨林を再現できる「Biopod」

自分は金魚を飼っているのですが、熱帯雨林を再現できる水槽みたいな「Biopod」は欲しいと思いました。

 Biopod
 

これは、気温や光量、湿度を管理するユニットを備え、必要に応じて餌を与える事も可能で、スマートフォンクラウドと連動して動作し、しかも、中の様子をHDカメラで見る事も出来るという優れものなのである。これでトカゲやカメの様子を出先から眺める事も可能という非常に素晴らしいものなのである。いや、なんかその、自分、若干興奮してしまってます。以前からこういうものが欲しかったので…

スマホで制御する時、再現したい3種類の環境を選びます
 Pets(ペット)
 Decor(飾り付け)
 Garden(ガーデン)

さらに細かいオプションを選ぶことで、アプリが必要な設定を行い、必要な資材を教えてくれるという。それに従って準備を行えば、ハーブを育てたり、飼育の難しいペットを飼ったり、観葉植物を育ててインテリアの一部にする事も可能という。そして、その様子を水槽に内蔵されたカメラで様子を確認する事が可能なのです!!これで、いつでもペットの様子を見る事が出来るという素晴らしいものなのです。

 

さらにBiopodは、自動で内部の酸素濃度やLED照明で日照を再現したり、降雨を自動で再現する装置も含まれている。

この優れもののBiopodの構成は

 

・LED照明(紫外線を含む:植物やカメの育成に必要)
・HDカメラ
Wi-Fi接続アプリコントローラ
・ミスト装置
・庫内の水を管理するフィルタ
・各種センサー(酸素、湿度、温度)
・自己浄化機能による空気循環視システム

大きさは、以下の通り、価格はカナダドル
・「Biopod ONE」幅47.6cm×高さ46.9cm×奥行35.6cm 53.8L $279

  • 卓上で植物を育てたり生物を飼育するのにピッタリな構成

・「Biopod TERRA」幅62.9cm×高さ46.9cm×奥行39.4cm 79.5L $329
・「Biopod AQUA」幅62.9cm×高さ64.8cm×奥行39.4cm 119L $399

  • 生態系を完全に再現するのに適したモデル

・「Biopod GRAND」幅124.5cm×高さ71.1cm×奥行38.1cm 336.9L $876

  • 深さ15.2cmまで水をためることができる

海外の製品なので送料が高い(80カナダドルから120カナダドルが別途必要)

最大の問題は、高機能ゆえに消費電力がどの程度かということだが、こういうものが好きな人は電気代を気にしないであろうし、本体価格も、機能のわりにはそれほど高価とは言えないので、欲しい人は沢山いるだろう。出荷時期は2015年12月からという。日本にも需要が沢山あると思うので、このタイプのものが他にも出てきて欲しい。

自動で餌もやってくれるようなので、ものぐさな人には、いいかもしれない。ただ、餌やりを機械に任せてしまうと、ペットが機械になついてしまって、寂しい思いをするかもしれないので、餌やりは自分でやったほうがいいかもしれない。

自分は、金魚やメダカを飼っているのだが、様子がおかしい事に気がつかず、病気になってしまったり、死んでしまったりという失敗をしていると、スマホで内部の環境を常に把握できるというのは素晴らしいと思った。これのアクアリウム版が出てきて、水温やPHがリアルタイムで分かったり、中の金魚の様子が見れるような水槽があったら非常に欲しいと感じる。あと夏場、暑くなって冷却しなければいけないとき、冷却ファンを自動で動かすとか、水が少なくなったらスマホに通知してくれるとか、そういう機能があると面白いと思った。それでいて消費電力が少なかったら理想的。各種センサーを用いて、必要な生態環境が維持できていれば、特に動作させる必要なないシステムの電源を自動的に切るなどして、節電するシステムとかあったら面白いな。そうなれば、欠点がなくなる。

 Biopod
 https://www.kickstarter.com/projects/2099003506/worlds-first-smart-microhabitat?ref=category_popular