読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

手が痺れる(まだ治らない…)

健康

最近、手を痛めてしまい、6月から手がビリビリする。それでわかったのだが、細い手首は痛めやすいこと、そして、そういう手首は女性に多いこと、しかも、その女性がよくする動作には、家事など、手首をねじる動作が多い事に気づいた。ねじる動作が小さい程度では痛くないのだが、大きいと手首がピキピキときしむように痛み出す。湯沸し器の水を出す時のダイアルを180度以上回す動作はキツイ、プッシュ方式にして欲しい。また、重い物を持っても指や手首に負担がかかり痛み出す。例えばジューサーのガラスボトルなど、ボトル自体も重いのに、中に材料を入れるともっと重い。よって、片手で持たず、両手で持つ。

キーボードを叩くときも、沢山叩いたり、マウスも背が高いと手首が屈曲する角度が大きくなり負担がかかる。自分は手が大きいので、大きめのマウスじゃないと、手首に負担がかかるが、大きくて背の低いマウスは最近売ってない。スクロールホイールを回すために指を立てると指がピキピキいいだすので、手を休めながらパソコン作業をしている。また、肘をダイレクトに机につけても痛み出すので、タオルを二枚重ねにして四折りにして肘布団にしている。それでも痛くなった所はボルタレン(非ステロイド系抗炎症剤:塗り薬)を塗ってしのぎ、寝る前に神経を修復するビタミンB12剤を飲み、安静にしている。この病気は安静にすることが大事だという。寝る前にヨーグルトを食べると痛みが沈静化するので、ヨーグルトの抗炎症効果が効いてるんだと思う。手首に負担をかけないためにサポーターをしています。

この手が痺れる症状は、様々なものがあるため、なるべく悪化する前に医者にかかったほうがいいと思います。自分の症状は、小指から手首、肘にかけてピキピキ痛みます。症状が悪化すると手が痺れて握力が弱くなり、最終的には手術をしないといけない怖いものであるため、同様の症状のある方は、早めに整形外科や内科などで診療を受けられたほうがいいと思います。我慢はいけません。医者に行った時には、末梢神経が麻痺していると診断されて、病名は分からなかったのですが、末梢神経を補修するメチコバールが効いたため、どうやら神経の麻痺症状のようです。ネットで調べると手根管症候群に症状が一致しましたので、多分この病気だと思います。

 手根管症候群
 http://ijiri.jp/shinryo/te/te_17.htm

病院の治療は、ビタミンB12剤(メチコバール剤)と抗炎症剤がメインのようです。そして、重要なのは安静との事。悪化すると手術です。そういう情報を見て、思ったのは、女性がなりやすく、しかも女性のする家事全般にそういう動作が多いこと、そして、最近の女性は共働きも多く、オフィスワークでキーボードを叩く仕事が多い。それで、長時間労働、子育てと来ると、大変だなと思いました。買い物もきついですね。まとめ買いで重たいものを運ぼうとすると、手の関節がピキピキ痛みます。幸いなこと自分は徐々に回復に向かっていますが、無理をすると悪化するため、手の様子を見ながら、恐る恐る作業をするという事が多いです。

おかげで、私は自転車で国会前まで行って、安保法制の若者のデモを撮影したいのですが、それをやると、現状だと手が痺れて自転車は使えず、かといって、電車を使うと交通費がかかって、何回も行けない状態になっています。しかし、若者たちが頑張っていることと安保法制の採決の前日の7月14日には、電車を使ってでも行きたいと思っています。ハッキリ言って、戦争を始めたら状況が止まらなくなる。恐怖の連鎖で誰もブレーキを掛けられない状態になり、そうなると莫大な軍事費によって、社会保障費の減額により、高額な医療費、減額される年金、消費税増税などの重税に苦しむことになります。そうなってしまうと、家は予算ギリギリでやっているので生活が出来なくなってしまうし、自分は手が痺れて動けないしで、困った事態になるので安保法制に反対して、安部政権を早急に潰さないと、生活が出来なくなるので、そうなる前に安部政権を潰したいです。リアルにあの政権はヤバイです。自分の国を守るでもない戦争のために自衛隊員が命を失う事も問題ですし、他国の戦争という火に油を注いでいるのが、集団的自衛権の実態です。国内では軍事費によって私達の生活が苦しくなるのも問題です。手が痺れて自分が弱くなっているので余計に安部政権が恐ろしいです。しかし、ようやくと言いますか、安部政権の支持率が不支持が逆転しましたので、この先は、自民党もろとも来年の夏の参院選にかけて、状況が好転するようなので、胸をなでおろしています。

 毎日:毎日新聞世論調査:安倍内閣不支持上回る 2015.7.6
 http://mainichi.jp/shimen/news/20150706ddm001010163000c.html
 
  支持 :42%(支持率 :45%→42%)
  不支持:43%(不支持率:36%→43%)

  • 安保法制で不支持率が36%から7ポイント上がって43%で逆転
  • 前回回答していなかった4%が不支持に回っていて、支持していた人も3%減っている。前回の9ポイント差が一気に逆転した。多分、皆、気がついたと思う。この政権の危険さを。

話が政治の暗い話になってしまったので手のしびれ対策でおすすめの薬は、ボルタレンビタミンB12剤です。ボルタレンは病院でもらったのを使っています。市販だと1380円(送料込み)です。ビタミンB12ネイチャーメイドにしています。一応寝る前に飲むと効いているようです。薬局などで買ってもいいし、アマゾンの方が送料込みでも安い場合もあるので比較するといいと思います。あと、寝る前のヨーグルトが効きますのでおすすめです。あと、炎症に効くのはビタミンCなので、小林製薬の180錠のものを買っています。小林製薬のビタミンC剤は、1錠あたりのビタミンC量が350mgと高い割に安いのでお勧めです。そして、手は安静にすることが第一との事。余計なパソコンやスマホなど指を使う動作は控えて、しばし、手を休めて頭のなかで考えてみたり、ボイスメモソフトを使ったり、音声認識でタイプしてみたりと工夫してみてください。ちなみに録音ソフトでおすすめは、Recordium(iOS)というソフトです。このソフトは、MP3でコンパクトな容量で高音質に録音でき、また、録音データをPCと共有できて、不必要な場所を簡単にカットできて便利です。最近は手が使わず、自分の考えをこういうソフトを使って記録し、聞き返して、物事を考えるようにしています。その時、自分に質問して答える会話形式でしゃべると、会議をやっているような感じになって、考えが深まることが分かりました。自分に質問すると比較的、レベルが高い答えが出せるというのは、発見でした。手がしびれたことで色々な事を考える機会が生まれました。病気は面倒なことが多いのですが、怪我の功名というのかな、なんていうかいつもと違うことをやる機会になって、自分の思考範囲が広がったのは収穫だったと思います。でも、早いとこ治したいです。かなり治ってきましたが、まだ完治しません。しばらく療養が必要なようです。
 
  

広告を非表示にする