読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

BS D-Life 海外ドラマ ホワイトカラーがスタート

エンターテインメント

BSのD-Life(無料放送:古いテレビはチャンネル合わせが必要)で、海外ドラマ、ホワイトカラーが今日の毎週火曜日 午後9:00吹き替え放送でやる。字幕版は13日の24:00に放送する。天才詐欺師と堅物警官のコンビのドラマで面白そうだったので、楽しみにしていたのだが、今日は、STOP TPP!! 官邸前アクションの日なので、自分は13日の字幕版で見ることにするのだが、今日見れる人は、面白そうなので見てみて。今日は初回70分拡大版だそう。

 ホワイトカラー
 http://www.dlife.jp/lineup/drama/whitecollar_s1/
  吹き替え版:毎週火曜日 21:00〜22:00(5月7日だけ22:10まで) 
  字幕版  :毎週月曜日 24:00〜25:00(5月13日だけ24:00〜25:10)

んで、その次にやるバーン・ノーティス、シーズン3もオススメ、これはスパイをクビになった元スパイのお話、こっちも面白い、イメージとしては、ルパンが堅気だったら、こういうスパイになっていたかもという感じ、吹き替えの人もルパンと同じだしね。

 バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 シーズン3
 http://www.dlife.jp/lineup/drama/burnnotice_s3/
  吹き替え版:毎週火曜日 22:00〜23:00
  字幕版  :毎週月曜日 25:00〜26:00

母親に頭が上がらない凄腕スパイというのが泣けてくる。外国でも母親というのは独裁者らしい。独裁者といっても、良心的な独裁者なんだが、やはり、独裁者は困る。

最近は、国内のニュースが白々しくて、もっぱら海外ドラマである。韓流ドラマや予算のいっぱいあるアメリカのドラマの方が面白い。大体、そういうのはBSでやっている。国内のドラマで面白いのは、月9のガリレオくらい。海外のドラマはシナリオがいいと思う。日本でも書ける人はいるんだろうが、能力のある人は採用されないんだと思う。アメリカのドラマに出てくるキャラクターは、9割が貧困層のアメリカを反映していないと思うが面白い。大抵、アメリカのドラマはエリート階級の人間(天才医師とかFBI捜査官)が描写されている事が多い。それに対して、韓流ドラマだと、現代劇だと、お父さんリストラ、娘、非正規、みたいに世相が反映されているのが対照的。金持ちが出てくるのも、貧乏人が、その反対側にいるからであり、要するに世相が反映されている。日本のドラマでも金持ちが出てくるようになったら、恐らく、その時は日本も貧しくなっているんだと思う。金持ちが憧れの対象としてドラマで描かれるというのは、人々が貧しい証拠だ。

ホワイトカラーが面白そうなのは、真面目なFBI捜査官が、元詐欺師に向かって「お前になびかない女っていた?」みたいなセリフでなんとなく分かってしまう。あ〜そういう奴に困らされる真面目な奴なんだ。んでもって、「計画を立てない、それが計画だ」というところも、これから、振り回しまくるからよろしくって感じで面白そう。この種のストーリーは、自分は好きなので、見たいのだが、今日は見れない、残念である。字幕版が再放送されるから、そっちで見よう...(うちはデジタル放送になってからビデオが使えない〜うぅ)

というわけで、D-Lifeのホワイトカラー面白うそうなので、見るべし!見てない内から何いってんだか...ちなみにD-Lifeの合わせ方は、こちら

 D-Life チャンネル合わせの仕方
 http://www.dlife.jp/howtowatch/

BS 258chに合わせる。番組表(週間)はこちら

 http://www.dlife.jp/timetable/weekly

D-Lifeは、面白いのでオススメ。自分は最近、寒流ドラマとD-Lifeがメイン。