SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

スティーブ・ジョブス Apple CEOを辞任 2011.8.24(アメリカ時間)

Steve Jobs
Apple取締役会およびAppleコミュニティーへ

  •  わたしは常々、AppleのCEOとしての義務や期待に応えることができなくなる日が来たら、最初に自ら皆さんにお知らせすると私は常に話してきた。残念ながら、その日が来てしまった。
  •  わたしは、AppleのCEOをここに辞任する。取締役会が適任と判断してくれるなら、取締役会長、ディレクター、そして、Apple社員として役立ちたいと思っている。
  •  後任に関しては、われわれの後継者プランの実行とTim CookをAppleのCEOとして選任することを強く勧める。
  •  わたしは、Appleの最も輝かしく、革新的な日々が前途に待ち構えていると信じている。また、わたしは、新しい役割においてその成功を見守ること、そして、貢献することを楽しみにしている。
  •  わたしは、人生における最高の友人をAppleで作ることができた。皆さんとともに何年にもわたり働くことができたことに感謝する。

Steve

引用:c|net:CEO辞任のジョブズ氏、自らメッセージ--「残念ながら、その日が来てしまった」

次のCEOは、ティムクック氏が就任し、ジョブス氏は会長職になる。

WWDC 2011の最後に、まるで何か、万感の思いを込めた表情の写真を見て、もしかしたらと思いつつも、それを打ち消していたが、ついに来てしまったと言うのが実感だ。最後のプレゼンになることが分かっていたから、あのような表情になったのだと思えば、合点が行く。多分、ジョブスの病気は非常に深刻、自伝や遺言めいたコメントから察するに死を意識している。

iPad 3が彼の送り出す最後の製品になるのかもしれない。高解像度な画面で紙の解像度に匹敵する画質、クラウドベースでデータが扱えるiCloudなどが連携したiOS5と共に出荷される。そして、そのiPad 3でジョブスの自伝が読めるようになっている。彼は歴史に残るだろう。紙の時代をコンピューターの時代に変えた人物として...

 ありがとうスティーブ!
 あなたは世界を変えた。
 今は、そういうしかない...

私のスティーブ・ジョブスとのエピソードについて書いてみようと思う。と言っても間接的なエピソードだから、本当はどうなのか分からない。1996年、秋口だったか、秋葉原のとあるお店でNeXTの社員との会合があった。(恐らくは、Appleに買収される話が進む過程で、NeXTという会社自身のユーザーの認識を調査していたと思われる)私はその会合に出席していた。そこで「NeXTをどう思うか」と聞かれたので、「最高のOSだ」とベタ褒めした後、「Windowsという継続を選んでいる人達に革新的なNeXTSTEP(OpenStep)は売れない。継続を望んでいる人たちに革新的な製品を売ってもダメだ」「Windowsが売れているのに敢えてMacを買う人たち、継続よりも革新を望む人たちに売るべきなんだ」

Macはイノベーターのためのコンピューターなんだ」

そういうと、NeXTの社員(3人)が「おお〜!」という感じで反応していた。このイノベーターと言う表現が印象に残ったみたいだった。

そして、その後、話がジョブスの話になったとき「帰っておいで、みんな待ってる」当時Appleファン皆が思っていたことを言った。NeXTの人が「スティーブに言っておくよ」と言ったので、「本当かい?」と思わずタメ口でしゃべってしまったが、その後すぐにNeXTがアップルに買収された時にはビックリした。と同時に「お帰り」と心の中で言った。友人に熱っぽく「帰ってきた!」と話していたのを思い出す。そして、その後のThink different キャンペーンには感動した。Appleの宣伝の中で、一番好きなものだ。Appleらしくてね。そうやって「お帰り」と言ったジョブスに「さよなら」という時期が近づいていてきていると思うと、自分はとても悲しい...とても悲しい。

なんだか力が入らないや...
 
Think different (最もAppleらしいCM:Appleの強さは、この哲学にある)

ジョブスは、その哲学を示す人だった。