SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

新しい事ほど「怖い」

新しい事ほど「怖い」誰しも経験のない事は怖いものだ。だからこそ、怖い事に出会ったら、単に怖いと思うだけでなく、「これって新しいのかも?」と思った方がいい。わたしの感性は普通の人と同じだが、その解釈が違う。
 
感じる事「これは怖い...」
・怖いから避けよう(これが一般的な行動パターン)
・怖いのは新しいからかもしれない、もうちょっと調べてみよう(これがわたしの発想)
 
まず、一般的な認識の場合、新しい事を最初から切り捨ててしまうため、それに出会っても、最初から自分の意識から排除してしまう。しかし、わたしの場合は、注目して分析しようとする。つまり、一般的な解釈は、新しいものに出会いながらも、切り捨ててしまうので、目の前に可能性があっても気づかないのに対し、わたしの場合は可能性を感じる。そして、公平に評価しようとする。
 
新しい事に出会えないのではない、新しい事を受け入れているかどうかなのだ。新しいものほど、従来の経験の枠からはみ出すので、怖かったり、気持ち悪かったりする。自分が何を怖がっているのか、何を気持ち悪いと思っているのか、細かく分析して、有益なものかそうでないかを見極める事が結果として、考え方の新しさになってくると思う。
 
自分の場合は、あまりにも新しいものを見ると、吐き気がする。自分の体の拒否反応を見て、おそらくこれは「新しい」と感じて、注目する。

広告を非表示にする