読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

作られた政治的無関心 <意識的な奴隷階級>

3月5日に不定期更新にしてから、久しぶりblogを書きます。ツィッターで返信ツィートをしていて、政治的無関心についてツィートしていたら、これはblogに記録しておくべきかなと思ったので、それを書きます。

 

 

 

 

政治的無関心が、民主的な権利があっても、それを自分達の利益になるように行使しないで奴隷に成り下がっている人たちを生み出している。日本の非正規雇用の拡大は、非正規雇用規制緩和が引き金でした。消費税増税も資金に余裕のある大企業に対して増税をして財源を確保するべきなのに、消費税が必要だと言うマスコミに登場する御用専門家に騙されてしまう。なぜ、騙されているかと言うと、有権者が政治に興味がないからです。なぜ、興味がないかと言うと、毎日のように政治家のスキャンダル報道ばかりでうんざりするからです。うんざりすることで興味を失わせ、政治そのものを避けるように仕向け、考えないようにさせる。すると、よく考えてない事は知りませんよね。知らない事ってのは、誰かに聞かないと分からない。そこでニュースの御用コメンテーターの意見に依存する。結果、自分でよく考えもせず、人の意見を鵜呑みにするようになる。こうなると非常に騙されやすくなるわけです。しかも、彼らは狡猾にも民衆により沿った正しい情報を流すコメンテーターも登場させます。だけど、それは、全体のごく一部。よく考えていない人は、最も露出の多いコメンテーターの意見に耳を傾けてしまう。最終的にどうなるのか、彼らが操作した城宝に有権者はリモコンのように従って選挙で投票し、自分達の権利を侵害する自民党に票を入れてしまうわけです。

 

つまり、よく考えない国民は、マスコミによって作られているのです。スキャンダル報道をやってうんざりさせる。政治を避けさせる。考えさせない。考えないから騙されやすくなっっており、御用コメンテーターにもっともらしく、民衆の権利を棄損するような事、消費税増税や法人減税が必要なんだと言われると、そうなんだと思ってしまう。実際は真逆の政策が必要ですが、よく考えてない人は、それが分かりません。また、真実を隣人に言われても、よく考えていないので、それが真実であるかも分からないのです。結果として、彼らはマスコミの言いなりになる事で、自分の権利を捨てる事に同意しているのです。そうやって、彼らは奴隷になる。民主的権利を保有しているが、それを政治的無関心になるように操作される事で、効果的に自己の権利を行使できずに奴隷になってしまっているのです。

 

つまり、日本は、政治的無関心によって、自らの権利を、よく考えない事で放棄する(するように操作されている)奴隷階級が生まれてしまっていのです。それによって、庶民は、消費税は取られて、非正規雇用が拡大する反面、大企業は減税され、内部留保を積み上げている。これが現実なのですが、これを本当に聞かねばならない人は、政治に無関心なので、この意見そのものをデマだと思っている事でしょう。最後に日本の腐敗構造について、説明します。日本の腐敗構造には、マスコミも含まれています。

 

f:id:skymouse:20170422234425g:plain

 

日本の腐敗構造は、「政官財」ではなく「政官財報」です。マスコミがグルである事を理解すれば、皆さんが普段見ているメディアで意識を操作されている可能性が分かるはずです。スキャンダルで政治に興味を失わせ、政治的無関心を作り出せば、非常に騙されやすい有権者が生まれる。騙されやすくなった視聴者に、御用専門家がもっともらりく、利権を正当化するような政策が、さも民衆の利益になるかのように言う。すると、よく考えていないので、あっさりだまされる。かくして、政官財報に都合のいい政策が実行され、多くの国民は損をすると言う構造が生まれるのです。政治的無関心は、マスコミによって作られているのです。そして、それは、自らの権利を放棄する奴隷を生み出している。これが日本の真実です。この事実を本当に聞かなければいけない人は、私の意見をデマだと思うでしょう。なぜなら彼らは、自分が信じるべき事を選別する為の知識も動機も、無関心になる事によってもっていないからです。そうやって日本では奴隷がつくられているのです。

 

…というわけで、こんなくだらない理由でみんなが貧乏になっているというのは、馬鹿馬鹿しいけど、重要かなと思い記事にしてみました。