SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

大飯原発ストレステストの問題点(耐震性能1260ガルでは足りない!)

テレビメディアなどで報道されていないが、ストレステストの基準そのものが日本の巨大地震に比べて低いのです。その低い基準より高いから大丈夫だというのは自作自演です。茶番もいいところです。では、日本の最近の巨大地震のパワーがどのくらいなのか?以下に示します。
 
原発の耐震性能と、最近の地震の揺れの強さ(ガル:揺れの加速度)
 福島第一原発   : 600ガル(設計基準:実際には460ガルで壊れた)
 ストレステスト  : 700ガル(近年の地震に対し、あまりにも過小な基準)
 阪神大震災    : 818ガル(1995年)
 大飯原発     :1260ガル(3〜4号機 耐震性能)
 新潟県中越地震  :2516ガル(2004年)
 東日本大震災   :2933ガル(2011年)
 岩手・宮城内陸地震:4022ガル(2008年:観測史上最高/世界最大)

この数値を見ると分かる通り、今回の一次テストの基準は700ガルですが、日本の最大規模の地震の揺れは、岩手宮城内陸地震の4022ガルです。つまり、基準そのものが1/5以下です。1/5しかない基準の1.8倍といっても、まだ1/3以下です。これで安全と言い切れるでしょうか、正確には危険です。この大飯原発の耐震性能を超える地震は、過去8年間に3回も起きています。つまり、約3年に1回、原発が壊れるか壊れないかのロシアンルーレットをしているようなものです。もし不幸にも、そのロシアンルーレット当たってしまったら、どういう事態になるかという事を以下の図に示します。

再稼働が検討されている大飯原発メルトダウンした場合...(風下に数千万人がいます...)

福島第一原発の時は、風下が海だったのは不幸中の幸いでしたが大飯原発の場合違います

この図を見れば分かる通り、近畿(2100万人)、中部(2357万人)、関東(4243万人)、北陸(544万人)と日本の大人口地域が風下にあります。これらすべてが放射能に汚染されたら、日本の人口の70%が被曝します。たかが夏場のピーク数時間程度の停電のリスクの為に、9044万人の人命を危険にさらすのは、全くもって、おかしいのです。なぜ、経産省の官僚たちが、安全基準も満たさず、急いでこれをやろうとしているのか、それは、夏までに再稼働ができなくて、原発がなくても、電力が足りるということがわかってしまうことを恐れているのです。

資料:脱原発は可能か? 統計で分析してみた ver 1.2(対案アリ)
各電力会社の発電出力と最大ピーク(日本の発電所を総動員すれば予備も含めて大丈夫)

この数値は、各電力会社の脱原発後の発電能力があります。赤い部分は不足分ですが、それを補えるだけの他の電力会社の発電能力があるのです。去年の日本のピーク電力は、1億5735万キロワットでした。しかし、原発を抜きにした日本の発電出力は1億7544万キロワットもあるのです。よって、電力は足ります。1800万キロワットの予備もありますので、もし、ピーク時に発電所のいくつかが故障しても停電にはなりません。足りない部分は電力会社間で融通すれば足りるのです。

そうなれば、原発はいらないということが100%露見してしまう。すると自分たちの天下り先が無くなる。ただ、それだけのために、9044万人もの命を犠牲にするリスクを犯しているのです。そこまで人間の品性が下劣なわけがないと思うかもしれませんが、福島第一原発事故の時にSPEEDIの情報を隠した事を思い出してみてください、彼らは人命よりも原発を選んだのです。つまり、経産省の役人にとって原発(利権)は人命よりも重い」のです。その行動パターンからすると、大飯原発の再稼働も同じロジックで行動していることが分かります。つまり、民衆などハナから見ていないのです。ですので、再稼働は絶対許すべきでないことがわかります。そして、野田総理は、恐らく、電気が足りないという嘘と、安全基準を満たしているという嘘を信じているようなのです。「地震に耐えられるというのならば、動かしても大丈夫だろう」それが彼の考えなのでしょう。ですが、現実は彼の甘い見通しを遙かに越えています。実際には、大飯原発は日本の最大級の地震に比べて1/3しか耐震強度がありません。しかも、大飯原発の耐震性能(1260ガル)を超える地震が、この8年間に3回新潟県中越地震:2004年 2516ガル|岩手・宮城内陸地震:2008年 4022ガル|東日本大震災:2011年 2933ガル)も起きているのです。(しかも、それぞれ、倍以上のパワーで)そして、原発がなくても電気は足りる。

つまり、原発は耐震性が十分でなく危険であり、その危険な原発がなくても電気は足りる」が正しい。しかし、それが明らかになってしまうと、自分たちの利権(原発)がなくなってしまう。その上、今までの嘘がバレて、国民に糾弾されかねない。だからこそ、原発再稼働なのです。結局は自分たちの保身のために動いているだけなのです。人命を大切にするのであれば、SPEEDIの情報をいち早く国民に示したでしょう。しかし、それを開示しなかったのが、何よりの証拠です。彼らは、「人よりも利権が大切」な人間たちなのです。この現実が理解出来ないと、私の言っていることが理解出来ない。世の中には、そう言う最低の人間が存在している事実を理解してください。それがこの問題を理解するのに必要なことなのです。(理解し難いでしょうが、すべての事実が、そうだと示しています。メルトダウン隠匿、SPEEDIデータ隠匿、プルトニウム飛散の隠匿、電力不足デマ、不十分な基準のストレステストetc...全てが、批判を避ける一点のみに収束しています。他人の命が失われることよりも自分たちが批判され糾弾されることの方が恐いのです。(理解し難い品性の低さですが、これまで彼らがやってきた事を見れば、そう考えざるおえません)

東日本大震災以降、日本は格段に地震が増えました。日本は地震の多発時代になったのです。これは地震学者も認めるところです。地震学者によれば、今の地震の多発状態こそが、火山国である日本の本来の地震の量なのだそうです。つまり、今までが少なすぎたのです。この地震が増えた状況で原発を再稼働させるのは、極めて危険と言わざるおえません。私たちは、原発ムラの「安全デマ」にダマされることなく、賢く現実を見据え、原発再稼働に反対するべきです。そうしないと、私達の命が危険にさらされるのです。放射能は特に子供を殺します。つまり、私たちの未来を殺すのです。たかだか原発程度(夏場の数時間の電気程度)の為に9000万人の人命とその未来を犠牲にするなんて馬鹿げたことじゃありませんか。

ドイツZDF フクシマの嘘 (29分23秒)