読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

Apple、iPad Pro 9.7inchを発表 2016.3.21

家電 Mac

現地時間2016.3.21 午前10:00に開かれたApple Special Eventにて、iPad Pro 9.7インチ、iPhone SEが発表された。
 

 iPad Pro Wi-Fi 9.7 2016.3.31より発売(3月24日より予約開始)
  32GB $599(66800円税抜き/72144円税込み)
  128GB $749(84800円税抜き/91584円税込み)
  256GB $899(102800円税抜き/111024円税込み)
  セルラモデル:+16000円
  カラー:シルバー、ゴールド、スペースグレイに、ローズゴールド
  重量:Wi-Fi 437g,セルラモデル 444g

特徴

  • ディスプレイが40%低反射になり、色域が25%アップしてよりの色の濃い映像が表示でき、そして、環境光に応じて、ディスプレイのホワイトバランスを調整する機能がついた。そして、期待のApplePencilが使える。プロセッサは、従来のiPad Airに比べてCPU(A9),GPUともに2倍の速度をもち、カメラが800万画素から1200万画素に変わり、4K動画撮影やローカルトーンマッピングHDRの一種)やノイズリダクションが搭載されいている。
  • 全体的に見てプロと呼ぶのにふさわしい強化がされている。プロセッサがかなり強力であり、以前の12インチ版で音声認識機能を使って口述筆記をさせてみたが、非常に滑らかに話した内容をテキストに変換できていた。ディスプレイは、本物の紙のように環境光に応じてホワイトバランスを調整し、そこへApplePencilが使え、色も25%色域アップで濃密な色表現可能になっているというもので、要するに紙を再現するつもりらしい。カメラも4K動画が撮影できるという形で様々なシチュエーションで使える高品位なスペックをもっている。スピーカーが4ch搭載されており、タテヨコ、どちらでもステレオ再生できる構成になっている。

要約すると…

ディスプレイ
・紙のようなディスプレイ(低反射、濃密な色、Penが使える、環境光適応)
プロセッサ
・従来よりも2倍(CPU/GPUともに)
カメラ
・より高解像度になった。800万画素→1200万画素、4K動画が撮影できる。

1.グラフィック用途には使えそうなiPad Pro

  • で、なんなの?という事になるのだが、自分が見た所、PhotoShopを使う人に向いた性能アップと感じる。色がキレイになって、プロセッサが高速だからPenに滑らかに追従する。そして、紙のような表示。アイディアを書く時のスケッチなどは、かなりスマートにできるだろう。そういう意味でクリエイティブなプロフェッショナルに向いていると感じる。自分がこれを見て欲しいと思ったのは、Penが使える事、従来のPCのタブレットのPenでは、書く場所と表示される場所が別々で細かいものを書くのが難しかった。そして、12inchのiPad Proに比べて66800円(税込み72144円)と3万円ほど安く買える事だ。ペンを買うと79300円(税込み84644円)位になってしまうのだが、できる事に対して滅茶苦茶高い製品ではないのだ。自分が考えるのは、アイディアをスケッチする、テキストの注釈は口述筆記で入力、修正はキーボードという感じだ。

2.オフィス用とでは、まだまだという所、今後のソフト対応次第

  • では、オフィスワークはどうなのかというと、タブレットで自分が文書作成をしないのは、好きなFEPが使えず(注:iOSそのものは外部IMEを外部キーボードという形でサポートしている)、持ち運びやすい打ちやすいキーボードがなく、画面が狭い事なので、もっぱらソフトや周辺機器にいいのがないという理由なので、iPadそのものは問題ない。ないのは必要な周辺ハードとソフトであり、狭い画面を有効活用できるマルチウィンドウであるが、現状では、それは、十分といえない。また、それらの欠点を補うであろう外部ディスプレイへ接続に対しては、ミラーリングではなく、ディスプレイをOFFにして、マウス操作をサポートして欲しいと考えてしまうとPCと何ら変わらなくなってしまうので、何の為のiPadという事になる。でも、それができれば、iPadの利便性を享受しながら、場合によってはPCとしても使えるという二刀流的な使い方が出来、便利なのだが、Appleは、そういう機能は作らないと思う。安易な妥協策ではなく、もっとスマートなやり方を考えてくるだろうから、それは今後のiOSに期待したい。ちなみにiPad自体は外部ディスプレイに接続できる。この部分については今後のiOSのバージョンアップ次第で状況は変わると思う。

 
 

広告を非表示にする