読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

書く事がないのはなぜか?

考え方

今日は書く事がない。というわけで、なぜ書く事がないのか考えてみるとする。本当は重要な事が沢山ある。政治関連は特に、だが、書く気にはならない。なぜかというと、重要な事を重要であると伝える事が出来ないと感じているからだ。

単に、これは重要だと言っても、それが重要だという事が分かるバックグラウンドがある人ならば、すぐに、その事を理解するだろうし、行動もするだろう。しかし、自分の文章では、それが出来ない。無力感を感じてしまうのだ。

正確には、それがどのように重要であるか、伝える術を考えあぐねているのが正直なところだ。原発の再稼働がいかに問題であるかは過去に何度も書いたが、問題は、それが極めて問題があり、とにかく停止させないといけないくらい大きな問題であるという事を伝える事が出来ない事だ。

もっと言うと、それを伝えて社会が何かしら動くようでなければいけない。人によっては「問題は既に分かっている。では、どうしたら、この政権を打倒し、危険な原発を止める事が出来るのか」と聞き返す人もいるのではないだろうか?

それはもっともな事であり、書くべき事ではあるのだが、それは難しくて思いつかない。どのように伝えれば、響き、そして、動くのか、そう考えるとキーを叩く指が止まる。

今の日本社会は、私から見ると叩いても響かない太鼓の様に思える。響かせるには何が必要なのかと考えると、分かり易く伝える事は出来ている筈だ。だが、人が動くところまでは行っていない。何が足りないのかと思うと、頭の中ではてなマークが飛び交い、書けないという事になる。

広告を非表示にする