読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

電力自由化:価格.comで電気料金の最安値が探せる。

電力自由化で、SoftBank東京ガスの電気料金を見て、自分の家のように電気使用量の少ないところは、逆に高くなるという結果に凹みましたが、価格.comで最安値が検索できると聞いてやってみたら、3%ほどお得になる事が分かりました。わ〜パチパチパチ!

 kakaku.com 電気料金
 http://kakaku.com/energy/

では、その探し方は…

1.地域を指定

  • 地図が出てくるので、自分の住んでいる都道府県をクリック、

2.郵便番号入力
3.電力会社:東京電力
4.契約種別:従量電灯B(契約種別は電気料金の明細で確認できる)
5.契約容量:30A
6.世帯人数
7.平日や休日に家にいるか(その時間、その日に電力を使うか)
8.月と電力消費量を入力

  • ひと月分の電力消費量を入れれば、自動的におおよその年間電気使用量を算出してくれる。家の場合、年間2300kwh程度

…んで検索ボタンを押すと、安値のヤツが出てくる。

家だと、東電ゼネラルというところで。年間1798円節約になるという。マンションなどでも一括で受電しておらず、個別のメーターで電力会社と契約していれば、電力会社を選ぶ事は出来るという。家の場合、東燃ゼネラルが「myでんき」というサービスが3%ほど安い電気料金を提示していた。まだまだ、参入予定の会社は沢山あるので、それらが4月のサービス開始と同時に出そろってから、最も安い所を選ぶといいだろう。

契約をすると、業者のスマートメーターに交換する。東燃ゼネラルのサービスでは、PCで日々の電気使用量や過去の電気料金が確認できるようになるという。電力消費量が把握できれば、どんな時に電気を食うのか大体当たりをつける事が出来る。そういう場所を重点的に節電すれば効果の高い節電が出来るだろう。また節電対策をした次の日から、効果の程が分かるというのも重要だ。これらのサービスは無料だが、紙の明細は毎月100円と有料だという。

 変わらず使えて安心な「myでんき」
 http://mydenki.jp/private
 電力単価などが、このページにある。

家では、安くなった電力料金分は、光ファイバー移行に伴うルータの電力使用量で相殺してしまうのだが、年間2000円近く節約できるのはありがたい。家は4月以降、やっと通信回線を光に移行し、電力会社も切り替える予定。電力会社を切り替えられるという事は、原発の電力を使わない電力会社を選ぶ事で、原発にNOと直接的に主張する事が出来る。今まではそういう事が一般家庭では出来なかったが、出来るようになったので、九州や四国の原発が再稼働しているところの人は、電力会社をどんどん切り替えちゃってください。みんなが切り替えれば、そのうち、新しい電力会社が、発電効率が従来の1.3〜1.5倍の最新型のガスコンバインドサイクル発電や、今後数年以内に実用化されるであろうペロブスカイト太陽電池による格安電力が使える日が来ると思います。

手ごろな価格で安全な電気を賢く選んで、節約いたしましょう。今後数年以内に安全と低コストは両立します。なぜなら、そういう新しい技術があるからです。賢く選んで、安全で快適な社会を実現しましょう。ある意味、これは選挙よりも雄弁に、電力事業の改革を促すポテンシャルを持っています。