読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

テレビ、2019年にネット同時配信解禁へ

2016年10月19日、総務省は、テレビ番組をインターネットで同時配信する事を全面解禁すると言う。これに合わせて放送法も改正するとの事。

これにより、2019年には、スマートフォンなどでもテレビが見られる状態になるとの事。同時配信をどのように行うかは、有識者会議の「情報通信審議会」に諮問し2018年の夏までに最終答申を出すように求めるとの事。恐らく放送法の改正も、この中に含まれてくるだろう。だが自民党が出す法案なので、悪い内容が含まれてくる事は容易に想像がつく。改正ではなく改悪になるだろう。

 

自分としては、テレビがいらなくなって良かったと思う。光回線とPCと4Kディスプレイを購入すれば、全てが事足りる状況になるわけで、部屋の中が広く使えるようになってよろしい。家電業界もテレビを売るのではなくて、コンピューターを売る事になる。AppleTV、AndroidWindowsFirefoxなど、様々な規格のものが入ってくるだろう。テレビはPCのアプリケーションのひとつになる。それぞれのOSのテレビというアプリが乗っかるようになるんだと思う。

 

自分がテレビを見るのは、ニュース、アニメ、ドラマ、ドキュメンタリー、科学番組、猫番組等である。お笑いは久しく面白いものがないので冷笑する程度。映像コンテンツが時間に縛られなくなるので、好きな番組を好きな時間に見られる。便利になって良いと思う。映画はテレビがチョイスする映画はマンネリなので飽きる。もうちょっと大人向けの映画を選んで欲しい所。最近のニュースは、ウソばっかりなので、辟易とする。演出がわざとらしく、キャスターと言う大根役者が作るイメージという感じ。テレビで人々を洗脳できるかと言うと、相変わらず、意識が受動的な人間が多いので、ネットのテレビアプリを見ながら洗脳される人も多かろうと思う。ただ、隣にネットがいるので、別ウィンドウで別の情報が流れる様になるのは、まぁまぁ良い事なのではないかと思う。

 

広告がどうなるか、Google電通かという事になるわけだけど、広告は自由化して欲しい所だな。そうすれば、特定の広告代理店が威張って世の中動かしていくような事が出来にくくなるかもしれない。だけど、そうはいかないかな。連中が率先してネットに入ってきたと言う事は、そういう布石も考えてあるのだろう。それがどんなものになるかお手並み拝見といこう。