SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

築地市場移転問題について

築地市場移転について

築地市場移転問題について、小池百合子都知事が11月7日の築地移転を延期すると発表した。これは、賢明な判断だと思う。なぜならば、移転先の豊洲市場には、土壌汚染や設計上の問題など、非常に多くの問題があるからだ。そこで、豊洲移転が駄目な理由を書いてみたい。

豊洲新市場の問題点

1.安全面でダメ <土壌汚染>
豊洲東京ガスの跡地には、ベンゼン、シアン化合物、ヒ素、鉛、水銀、六価クロムカドミウムなどの有害物質が高濃度に染み込んでいる。ベンゼンは発ガン性物質で揮発性が高く危険である。豊洲の土地には、このベンゼンが環境基準の43000倍検出された。その他にもシアン化合物(猛毒の青酸カリの事)が環境基準の930倍含まれており、およそ食品市場には適さない土地である。

 【豊洲新市場・土壌汚染問題】まとめ
 http://togetter.com/li/971164
 土壌汚染の中澤さんのツィート
 https://twitter.com/nakazawa_mama2/status/727880176902639616

f:id:skymouse:20160902022728g:plain

 

環境基準との比較
ベンゼン  :43000倍(発ガン性物質)
・シアン化合物:930倍(シアン化カルシウム:青酸カリの事)
この他に、ヒ素、鉛、水銀、六価クロムカドミウムが検出

都は、汚染土に対し、2m掘って、キレイな土に取り換えたと言ったが、東京ガスの跡地の大量の汚染物質が2m程度掘ったくらいで安全になるかと言うと疑問が残る。特にベンゼンは、揮発性があり、もし漏れて、継続的に吸気し続けると、ガンになる。そもそも食品市場には豊洲のこの土地は全く向いていない。汚染土を除去するコスト(ちゃんとやると4000億円かかると言われる)だけでも、築地を新たに改修するコストの方が安いだろう。

2.コスト面でダメ <通常よりも3〜10倍高い坪単価>
豊洲新市場の癒着ぶりは酷く、都議の内田茂氏の関係会社が豊洲新市場の工事を受注している。

 

 週刊文春:“都議会のドン”が役員の会社 豊洲新市場の工事も受注
 http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6462

 

また一級建築士の森山氏のブログ記事によれば、建設費に関しては、2011年の段階では990億円だったのが、2752億円と3倍に値上がりしている。

 築地市場豊洲移転が不可能な理由⑬
 http://ameblo.jp/mori-arch-econo/entry-12186263423.html

f:id:skymouse:20160902022811g:plain

坪単価にして217万4000円と異常に高い。坪単価が200万円を越える建築と言うのは、建築技術的に難易度が高いもので芸術的な建築などにかかるレべルのコストだという。しかし、豊洲新市場のあのような建物には、とてもその様なコストがかかっているとは思えないとの事。通常の倉庫であれば、坪単価20万円を切る。市場の建物なんて倉庫程度でいいので、本来的には、坪単価200万円の建築ではなく、どちらかと言うと20万円台の方の建築である。つまり、建物としてみれば、普通に考えれば建築費は、2752億円ではなく275億円程度でいい筈のものなのだ。実に一般的な尺度からすれば10倍のコストの開きがある。しかし、都はなぜか、通常の10倍の建築費を豊洲市場にかけている。この異常なまでに高い発注額には、追求が必要だろう。また、豊洲新市場は土壌汚染対策をやらねばならないだろう。2m程度掘り起こした程度では、長年、東京ガスの施設の中で染み込んだ揮発性の高いベンゼンを完全に取り除く事は不可能だろう。まともにやったら4000億円かかると言われている。そんな事をするよりも、豊洲を食品市場にせず、他の施設として使い、晴海地区を一時的に仮市場として使って、その間に275億円の建築費で築地を建て直した方がよっぽど安く上がると思う。実際にはその他の経費が多少かかってしまうだろうが、それでも500〜1000億円の間くらいで築地の改修は出来るんじゃないかと思う。

 

f:id:skymouse:20160902104340j:plain

 

土壌汚染対策の4000億円と言うのは、2m掘るのではなく10m掘る事を前提として考えると、そういうコストになる。2m掘る土壌汚染対策で849億円なのだから、10m掘るには、その5倍のコストの4245億円が必要になる。自分は建築設計の仕事に携わった事があるので、土木工事のコストは運ぶ土の量に比例するという事は知ってる。10m掘る事を考えたら、5倍のコストがかかると考えて良い。その位、掘ったとしても、豊洲の汚染土壌の状態を見ると、完全に汚染土を取り除けるか分からない。よく考えてみて欲しい、長年にわたって汚染された土地に汚染物質が2m以上染み込んでいると言うのは、充分考えられる事ではないか、それに発ガン性物質であるベンゼンが揮発する事を考えると、どう考えても豊洲市場は、食品市場としてはあり得ないし、コスト的にもあり得ない。豊洲新市場は安全面を考慮すればダメととしか言えない。それに通常の10倍以上と言う異常な発注額も問題だ。こんな安全面でもコスト面でも駄目な豊洲など辞めて、晴海地区を利用して築地を改修した方がずっと安く上がるだろうし、その方が安全だと自分は考える。

 

広告を非表示にする