読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

都知事選:1兆円を超す「無駄な大規模公共事業」

都知事選で様々な政策が謳われていますが、その政策を実施するのに必要なのは財源です。そこで、東京都の無駄な公共事業を紹介し、それを省けば、どれだけ都民の暮らしが楽になるか書いてみたいと思います。

 

無駄な大規模公共事業(総額:9500億円+市場建設費で1兆円を超す無駄な公共事業

 1.外環道(都の負担:推定5500億円以上)

 2.築地移転(豊洲の土壌汚染対策だけで4000億円)

 3.カジノ(築地の跡地に作られるカジノ施設)

  パチンコと同様に博打で身を崩す人が増える。

 

1.外環道(都の負担:推定5500億円)

無駄な公共事業の筆頭に挙げられる外環道は、現在、東京都で作られている三つの環状道路のひとつでありますが、そのコストが異常に高い事が問題になっています。1メートル当たり1億円と言う世界一高いコストと言われ、また、他の2つの環状道路である中央環状線圏央道が完成すれば、渋滞の殆どは緩和され、外環道は不要になると言われています。その他にも外環道が不要になるという要因が将来的に発生する為、外環道は非常に無駄な公共事業なのです。

 

 外環道の建設は不要

 http://www.tackns.net/sub/gaikan.html

 

外環道が不要な理由

a.移動需要が減る

・VR:実際に行かなくてもリアルな疑似体験ができ、移動需要が減る。

・人口減少:移動需要そのものが人口の減少によって、減っている。

 (実際、2000年をピークに道路需要は減っている)

b.中央環状線圏央道が完成すれば需要を満たせる。

c.自動運転で渋滞が緩和される。

渋滞と言うのは低速走行時の連動時の遅延時間の蓄積によって生じる。自動運転車の普及によって低速走行時の連動遅延の蓄積が最小に抑えられ、渋滞は緩和される。

 

外環道の莫大なコストと都の負担(推定5500億円)

外環道は地下道16kmの部分があり、ここが1m1億円といわれている部分で総額1.6兆円、地上部6000億円で合計2兆2000億円です。高速道路の地方自治体の負担率は一般的に1/4なので、2兆2000億円の1/4東京都の負担率は5500億円と非常に高額でありながら、完成する頃には、中央環状線圏央道があれば十分だったと言われかねない無駄な代物なのです。そんなものに都民の血税5500億円をかけるのは、あまりにももったいない。介護や医療、保育、教育など、都民の生活に密着した用途に使うべきです。

 

 シリーズ外環道を問う①

 http://www.tokyo-minpo.jp/gaikandou01.html

 

外環道(総額:2兆2000億円、都の負担額:推定5500億円)

 地下部:1兆6000億円(1m/1億円×16km)

 地上部:6000億円

 

2.築地市場豊洲移転+3.カジノ建設

(土壌汚染対策:4000億円+市場建設費用)

築地市場の移転は、跡地をカジノにして、そのカジノ利権に政治家が群がった。石原都政は、移転先の豊洲が汚染地と知りながら食品市場にしようとした。だが、両方とも問題が明るみに出て頓挫、今は、関係した政治家(自公都議)と官僚が責任のなすり合いと言うのが現状

 

築地の移転は、政治家たちにとっては一粒で二度美味しい利権になるはずでした。一つ目はカジノ利権です。二つ目は、豊洲新市場への公共工事発注の利権です。しかし、土壌汚染問題が明るみでて計画は頓挫しました。元々は、東京ガスの跡地でしたが、そこにシアン化合物などの汚染物質がぞろぞろと出てきて、食品市場を作る為の基準を管轄する農水省が責任問題になると言う形で認可を出さず頓挫している。それを都議会(自公都議会)が汚染を片づけたと無理矢理、通そうとしているのが現状のようです。そもそも築地は移転しないで改修するのが安上がりです。なぜなら4000億円もする土壌汚染対策をしなくていいのですから。豊洲に既に建てた建物も食品市場にしなければ、4000億円もする土壌汚染対策は必要ないとの事、別の用途で使うのがベストです。

 

さて、この築地跡地に作られると言われるカジノをIRと言い換えて賛成している都知事候補は、小池氏と増田氏で、反対しているのが鳥越候補です。築地の跡地に作られるカジノに賛成するということは、築地の豊洲移転にも賛成と言う事なので、つまり、この汚染土壌の上に都民が食べる食品市場を作ると言うプランに賛成していると言う事です。しかも、数千億円単位の無駄な経費をかけてそれをやろうとしているのです。もし、そんな予算があれば、300億円程度で出来ると言われている待機児童問題など一挙に解決するのに、小池氏や増田氏は、カジノ利権に目がくらんで、賛成と言うわけです。どうやら、自分はカジノ利権で儲けて、私達の子供達は空き家に詰め込むと言うのが小池氏のプランのようです。だれを選ぶべきかは、自ずと明らかだと思います。

 

主要3候補の比較

f:id:skymouse:20160728230722g:plain

 

小池氏は、非常に無駄な旧態依然とした大規模公共工事に賛成していながら、「改革」とは片腹痛いです。彼女の全くのウソを言っている。都民がそんな茶番に騙されると思ったら大間違いです。