SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

都知事選、主要3候補比較

都知事選、主要三候補を比較してみた。

まず、分かり易い比較表があったのでそれを表示する。

f:id:skymouse:20160725222330p:plain

この中で、待機児童問題において鳥越氏の考え方が一番筋が通っているように思える。というのは、小池氏の案では、既存の施設に詰め込むだけである。これが問題なのは、職員が目が届かなくて、最悪の場合、子供が死んでしまう可能性もある危険なやり方だ。特に0歳児は、注意が必要だ。もっと言うと、ただでさえ大変な仕事が、子供を増やす事で、さらに大変になって、保育士さんがパンクして、やめる人が増えて、余計、待機児童が増えたなんて事になりかねないのが小池氏の案である。それに対して鳥越氏の案では、待機児童の規模に見合った施設の整備、保育士給与も手当てすると言っている。保育士資格のある人は少なくはない。ただ、給料が安い上に、大変な仕事なので、資格があってもやらない人が多いのだ。だから、給与を上げて、成り手を増やし、施設も増やすと言うのは理に適っている。それに必要なのは財源だが、それは、上記の表の「アベノミクス・暮らし」の欄を見ると、鳥越氏は公共事業は喫緊でなければ後回しにし、予算を組み替える」と言っている。都の無駄な公共事業の筆頭に外環道が挙げられる。なぜ、外環道が無駄なのかと言うと、外環道は1メートル造るのに1億円と非常に高コストに加え、環状線は実は3本同時に着工されていて、中央環状線圏央道、外環道があるのだ。いずれも完成していない。人口が減少して道路需要が減っているのに、環状道路が3本も必要かと言うと、必要ない。中央環状線圏央道が完成したら、外環道は必要ありませんでしたとなりかねない。

 

 参考資料:外環道の建設は不要 - Tack'ns

 

ITの普及も移動需要を減らす。特にVRは、最近、PlayStationVRが2回目の予約販売が完売したという事で、非常に注目を浴びている。VR技術を使うと、そこに行かなくてもリアルな視覚体験が出来る。それはつまり、これを使えば、ショッピングや仕事が出来る環境が、部屋にいながらにして出来るようになる。ますます人は移動する必要がなくなる。

f:id:skymouse:20160725224606j:plain

しかも、AIによる自動運転者が普及すると渋滞が緩和される。なぜなら、渋滞とは低速走行時の連動遅延が蓄積する事によって生じるからだ。これを自動運転にして、連動時間を極限まで短くすると、渋滞が緩和される。つまり、VRや自動運転車が普及する事で、道路の需要は下がっていくのである。よって外環道をやめても問題ないのだ。外環道を辞めれば都の財政は数千億円単位で予算が浮く、すると、300億円程度(練馬方式)の待機児童問題(東京都の7000人の待機児童)は一気に解決する。つまり、財源の問題、人員の問題、施設の問題全てに適切に対応した主張をしているのは、鳥越氏の主張なのだ。他の候補の案は、小池氏は、子供を危険に晒すような詰め込み保育、増田氏は、都心では現実的でないプランであり、とても、都内の子供達の事を真剣に考えたとは言い難い、いい加減な内容だ。

 

経済対策については、小池氏は「アベノミクスのもたついている部分を東京で先に実践する」と言っているのだが、具体的に何をするのか曖昧でよくわからない。何か凄い事をやってくれそうな期待感のあるいい方だけど、具体的には何もない。そもそもアベノミクスは巨額の金融緩和をしながら、マイナス成長を記録し、失敗したと諸外国で失笑を買っているわけで、その失敗したやり方をやって何が上手くいくのかと思ってしまう。それに対して鳥越氏の案は、介護や少子化問題、福祉にちゃんとお金を回すと言っている。人々の生活に助けになるような公共投資を行う事で、富を適切に分配し、消費を増やすというのは、経済学的に正しいデフレ対策だ。大型公共事業では、大手ゼネコンに富が偏ってしまうので、分配機能が不十分だ。適切に富を分配する為には、生活に密着した都の予算の使い方が正しい経済対策と言え、鳥越氏の案は、この点でも他の2候補よりも優れている。

 

総合的にみて、主要三候補の中で鳥越氏が最も優れた案を出していると言える。他の候補では、恐らく待機児童問題だと小池氏の案では、保育士さんがドロップアウトしてしまって、人員が余計に足りなくなり、その結果、子供が危険に晒され、最悪の場合、死亡事故が起こりかねない。もっと言うと、人員が足りなくなって待機児童が余計に増えるかもしれない位、非常に杜撰な案である。相手の事をきちんと考えたとは言えない雑なプランだ。鳥越氏の案の方が、無駄な公共事業を省いた予算で保育士さんの待遇を改善し、人員を増やし、施設を増やし、安全かつ確実に待機児童を無くすプランを提案している。正直言って子供を大事にしない候補には、私は絶対に入れたくない。また、予算の裏付けのない非合理的なプランにも、入れたくない。経済学的に正しくないプランにもNOだ。私に言わせると小池氏は落第である。評価に全く値しないどうしようもないダメさ加減である。鳥越氏の方がずっとマトモで堅実だ。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする