SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

2015.8.24 米軍基地、日鉄住金鋼管、大宇造船所の火災について

2015年8月24日、0:45にTwitterで神奈川県相模原の米軍基地で爆発炎上という情報が写真付きで流れてきた。

 相模原市米軍基地爆発
 
 NHK:アメリカ軍の補給基地で爆発 相模原
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150824/k10010200001000.html

音を聞くと、テレビの中東の戦争の映像で弾が爆発する音(パンパンと軽い爆発音)に似ていたので、米軍基地の弾薬が爆発しているんだと思った。最初はデマかもしれないと思ったが複数の地点からの写真を見て、これは現実だと思った。「天津といい、山東省といい、神奈川の米軍基地といい、きな臭い世の中になったな」と思いながら就寝した。ニュースがなかなか出てこなかったので、翌日、ニュースを確認し、爆発していたのは、アメリカ陸軍の補給基地「相模総合補給廠」の倉庫の一棟という事がわかった。この米軍基地は物資の保管や軍用車両の修理機能などを持つアメリカ陸軍の基地とのことで、軍事的な補給物資の入った倉庫が爆発炎上していたという事になる。場所はJR横浜線相模原駅のすぐ隣との事で、市街地の近くで爆発事故が起きたのは危険だと思った。

ツィートを眺めていると、今度はトレーラーが火災という。午前6時半頃、横浜市保土ヶ谷バイパスで走行中のオイルを積んだ大型トレーラーが走行中に火災、運転手によると「トレーラーから煙が出たので発火すると思った。トレーラーの連結部を切り離して避難した」という。

 
 大型トレーラーが走行中に炎上 横浜市
 http://news.livedoor.com/article/detail/10504844/

さらに11時頃に今度は川崎にある日鉄住金鋼管川崎製造所が黒い雲を上げていた。燃えていたのは、解体中の倉庫で内部にLPガスやプロパンのガスボンベが置かれていたという。午前11:35分ごろ、119番通報の時「クーリングタワーから出火し、延焼の危険がある」と話していたという。

 川崎市の工場で火災 付近の首都高で一時通行止めなど影響広がる
 
 NHK:日鉄住金鋼管の川崎製造所で火災 けが人なし
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150824/k10010200351000.html
 産経:日鉄住金鋼管川崎製造所で火災 内部にガスボンベ多数…
 http://www.sankei.com/affairs/news/150824/afr1508240014-n1.html
 川崎の日鉄住金鋼管火災、大部分を鎮火!
 隣接していた東芝の研究用原子炉も異常なし!
 けが人はゼロ!原因は解体工事か?
 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7730.html

この工場と100mも離れていない所に東芝の研究用原子炉があることは、テレビのニュースでは報じられていないようでネットで確認した。午後1時頃、鎮火した。

ツィートを眺めていると、今度は韓国の大宇(デウ)の造船所から出火している写真が入ってきた。

 大宇造船海洋で製造中のLPGタンカー火災
 
 「大宇造船船舶火災で2人死亡‥7人が負傷」
 http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/45198790.html

大宇の造船所の中で製造中の8万4千t級のLPGタンカーで火災が起きていた。火元は船舶の外壁とLPGタンクの間0.5m隙間に設置された発泡スチロール内装材で発生したという。運搬船の内部仕上げ作業中、溶接の火花が引火性が強い発泡スチロールに飛び火し、火災が発生したと報告、正確な事故原因は、韓国の消防当局が調査するとのこと。このニュースは日本では報道されていないらしく、ネットニュースで詳報を知った。

この3つの火災について、偶然にしては出来過ぎていると個人的には思った。これだけの規模の火災が同日に3つも起きる可能性は、かなり低くなる。まず、米軍の基地の火災がおかしい。というのは、軍事基地というのは、厳重な管理の元で爆薬や弾薬を管理しているはずだ、それがこうもあっさり火災に見舞われるのはオカシイ。それと、米軍基地に関しては、2015年4月28日午前0時40分頃、神奈川の在日アメリカ軍基地で爆発事故が起きている。

 過激派によるテロ事件発生か!【神奈川・米軍基地】
 大きな爆発音、発射装置とみられる金属製のパイプ2本
 http://brief-comment.com/blog/news/48274/
 神奈川アメリカ陸軍「キャンプ座間」
 

警察によると、基地からおよそ800メートル離れた座間市座間2丁目の畑で、発射装置とみられる金属製のパイプ2本が地面に刺さった状態で見つかったという。つまり、米軍基地は以前から攻撃対象に成っていたが、それほどの破壊力はなかったようだ。こういう鉄管を砲撃台にした攻撃は、中東のテロリストがやっていたのを記憶しているので、中東のテロリストが日本国内に入ってきていると自分は見ている。というのは、日本政府は2014年にテロリストのターゲットになることをやっているからだ。

2014年
 4月 1日 武器輸出を解禁
 5月12日 イスラエルとの武器の共同開発
 7月 1日 憲法第9条の解釈改憲

そして、2015年1月31日後藤さんが殺害された時、テロリストが言った言葉は以下のとおりだ。

  • 「安倍、勝ち目のない戦争に参加するというお前の無謀な決断のために、このナイフは後藤を殺すだけでなくお前の国民がどこにいようとも虐殺をもたらすだろう。日本の悪夢を今始めよう

つまり、既にテロリストに宣戦布告されている。特にテロリストは武器に対して非難していて、お前たちの作る武器が私達の同胞を傷つけると言っていた事を思い出すと、米軍の補給基地への2015年4月28日の攻撃は、既に日本にテロリストが入国しているのではないかと個人的には考えてしまう。しかし、最初の攻撃は思ったような破壊力のある攻撃ができなかったので、ドローンと時限発火装置を使い、米軍基地を攻撃したのではないかと推測する。その根拠は以下のとおりである。

3つの火災事故の共通する所
1.爆発物や可燃物があると思われる場所
2.その場所が衛星写真で確認できる
3.武器、石油に関係すると思われる施設
4.進入するのが難しいか、人間が入りにくい場所
以上の点からドローンによる小型爆弾の可能性がある。ドローンの積載量は小さいが攻撃する施設にもともとある可燃物や爆発物に引火させれば、大規模な攻撃が可能となる。

最初に米軍基地の事を考えると、米軍の基地にはテロリストはおいそれと入れないから、事故だと思った。しかし、ドローンで闇に紛れて事前に確認しておいた引火物のある場所に時限式の発火装置を設置すれば、攻撃が可能、その後に起きた川崎の工場も韓国の造船所も同様に可能。現状では可能というだけで明確な証拠はない。ただ、4月28日の米軍基地への攻撃が気になる。日本も韓国もアメリカの軍事同盟国である。3つの場所を整理すると、日本の川崎の工場、日本にあるアメリカ軍の基地、韓国の造船所、テロリストから見れば、十字軍の仲間に入った国という事になる。それらが同じ日に火災が起きている。偶然にしては状況ができすぎている。

あと、これは推理小説の読み過ぎかもしれないが8月24日という日付も簡単な暗号になっているかもしれない。24は、8の3倍、つまり「3」そして、8は日本語では蜂とも読める。その蜂とはドローンの事で3っのドローンという意味かもしれない。しかし、これが人為的な攻撃かどうか分からない。

0.偶然による事故
1.テロリストの攻撃
2.テロリストと見せかけて、戦争をさせる策略

こういう日付にこだわるのは謀略が好きな連中と見ているので、自分は2番の可能性も有力だと考えている。偶然の事故かもしれないが、同じ日に3つ重なるというのが、きな臭いのだ。

トレーラーの事故は、通常の事故かも知れないが、もしかしたら、テロ、あるいはテロに見せかけている者の次の攻撃の実験だったのかもしれない。