読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

手が痺れる…

健康

最近、手が痺れてまして、手を休ませながらブログ更新しております。小指から手首にかけてビリビリ痺れて、医者に行くと末梢神経が麻痺してるんじゃないかとの事だった。ネットで調べてみると、結構あるらしく、特に手首の細い女性に多そうな症状だった。自分も細身の体で体系的には女性に近いので、ズボンのウェストも細すぎて女性用しか履けないし、構造的に華奢な所で弱いところに来てしまったのだと思う。大体、手を酷使するとなる症状で、マウスを持っているだけでもなってしまうという。

思えば、最近、自転車の修理とか、手を酷使する作業が多かった。その上、風邪を引いて体力が弱っていたものだから、余計にまずかったのだろう。体が弱っている時に手を酷使して、それが弱い所(細い手首や肘)に響いたという感がある。医者に行くとメチコバールというビタミンB12剤(ビタミンB12は神経を修復する効果がある)を処方された。それを飲み、安静にしていたら症状が軽くなってきたので、良かったと思った。この病気は、症状が酷くなると握力がなくなって手術の必要があるそうなので、非常に心配だったが、早い段階で医者に行ったおかげか、日に日に症状が軽くなり、ブログも書けるかなというくらいまで回復してきた。

しびれている所だけでなく、手首とか肘の内側とかに非ステロイド系の抗炎症剤のボルタレン(副作用が少ない抗炎症剤)を塗ると痺れが収まり、食事をきちんととって、薬飲んで安静にするという教科書通りの対応をして、回復に向かっている。まだ若干しびれが残っているので、PCの電源を切り、そのかわり、今の世の中の問題やら、お金のことやら、頭のなかでくるくる回しながら考えていた。PCがあると、すぐ情報がてにはいるので、それに頼ってしまうが、それが出来ないので、今までよりも深く考える事が出来た。なのでPCの断捨離も時には必要と思った。

栄養吸収を疎かにすると、痺れが復活してくるので、修理部品が足りなくなると症状がぶり返すことが、痺れが復活することで分かり、定期的にきちんと食事を取らないと、体の修復力に影響があるということが、リアルタイムでわかるという稀有な体験をし、自分の体がどういうふうに機能しているか分かって、食事を抜いてはいけないと思った。あと、消化不良も食事を抜くのと同様の状況になると考えられるので、よく噛まないと、結果的に体の回復力が衰えてしまうことも分かった。

広告を非表示にする