読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

キツイ時には肩の力を抜くと良い 冷静になる方法

深刻なニュースを見ると、肩の力が入って、その後、どっと疲れる自分に気づく、「いかん、いかん、肩の力を抜かねば」と思い、肩の力を抜き、深呼吸をすると、不思議と落ち着く、そして、視野が広くなる。身体的行動が精神に意外にも影響を与える。肩の力を抜くとホッとして落ち着くことができる。

311以後は肩の力が入りっぱなしで、とても疲れる。だが、この疲労は肩の力を抜くことで解消できる。意外にも、深刻な問題への精神的な対処が肩の力を抜くだけで実現できてしまうのは、要するに心と体というのは別のようでいて実は一体なのだとしみじみ思う。

肩の力を抜いて考えれば、視野が広くなり、落ち着いて考えることが出来る。特に今のように、厳しい現実が毎日のようにニュースで流れてくるときには、そういうことは、平静を保つために大切だ。

自分が危機的状況に陥っていることが自覚できたのならば、広い視野と冷静な判断が必要だということが分かるはずだ。そう言う時は肩の力を抜くことが大切だ。なぜ、肩の力を抜くといいのかというと、おそらく緊張状態にある身体を意識的に、ほぐしていくと、その体の作用が精神にまで影響していく過程で、自分の体がリラックスしているぞ、心もリラックスしようと連動しているような感じだと思う。

思えば、体が辛いと心も辛いし、体が楽になったら、心も楽になる。そういう意味で肩の力を抜くと、体が楽になるので心も楽になるんだと思う。そして、深呼吸を軽くして、姿勢を整えると、不思議と冷静になっている自分がいる。冷静になると、同じ所をグルグル回っている自分の思考が整理されて、まるで無限ループに入っていた心がループから抜け出す条件を無条件に与えられていつの間にか、堂々巡りをしていた自分を上から眺めているような所に自分がいる。それはもう、人を高いところからい見下ろすネコのように。

 アリスとチェシャ猫(http://sugimado.la.coocan.jp/alice%27s_wonderland1.htm
 

肩の力を抜くと、このネコのようにのほほんと出来、そして、冷静になれる。それだけなんだけど、きつい時には非常に効果的なので、気づいたらやってみてほしい。自分が辛いと感じたら、そうすることで、体のストレスが少なくなり、それが結果としては心のストレスも減らすことになるだろうから。