SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

ライトユーザーにお得なY! mobileのスマホ料金 月額2980円から〜

Y! mobileが、月額2980円からというスマホ料金プランを発表した。

 「Y!mobile」新料金プランを競合料金プランと比較してみた
  - 携帯キャリアは4社体制の新たな局面へ
 http://news.mynavi.jp/articles/2014/07/17/y_mobile/

新しい料金体系は8月1日から開始される。では、その料金体系を見ていこう。

 Y! mobileと他者との比較票(マイコミのページから引用)
 

この図を見ると、通話基本料、ウェブ接続料が全部込みで2980円となっており、他社の同様のサービスの最低額6500円に比べると、Y!mobileは2980円と大幅にに安いことが分かる。消費税増税で携帯の経費を少なくしたいという人には朗報である。

1.通話料金

  • この中には、無料通話も含まれていて、1回10分の通話を300回までという条件で定額だ。それでも足りないという人は、月額1000円足して「スーパーだれとでも定額」にすれば、通話時間や回数に関係なく国内通話を定額で利用できる。通話は、基本的に月10分×300回(1日平均10分×10回=100分)で十分だろう。長電話が好きな人は、それに1000円付け足せばいいのだ。
  • 通話料金
  • 無料通話枠  :10分×300回(国内通話のみ)
  • 1000円追加:スーバーだれとでも定額(国内通話のみ)
  • 時間、回数に関係なく定額の通話料金

2.インターネット料金

  • インターネットは、コースの料金を超えると強制的に低速回線モード128kbpsのモードとなる。それを高速回線に戻すためには、パケット500MBあたり500円の割増料金を払えば再び高速回線で使えるようになる。だから、沢山パケットを使う人は、割安料金のコースを使うとかえって割高になる料金構造だ。例えば、パケット1GBコース(2980円)で契約して3GB使ってしまうと、追加コスト2000円で4980円になってしまい。3GBコースの3980円に比べて1000円割高になってしまう。逆にそんなにインターネットを使わないという人やメールなど帯域幅をあまり使わないユーザーにとっては、今までスマホは最低でも6500円だったのが2980円となり、かなりお得といえる。128kbpsに速度が落ちても、動画はダメでもウェブページや地図くらいならば、ギリギリ見れる感があるので、コース料金を超過してもネットは、一応使える。

 

 

  • コース料金超過(速度を戻す):パケット500MB/500円
    • コース料金を超過した場合、回線速度は128kbpsになり、パケット500MBあたり500円の割増コストを払うことで、元の速度に戻る。回線が使えなくなるわけではない。

3.Yahooと連携したネットサービス

  • 無料でメールとオンラインストレージが30GBついてくる。500円払えば、月額410円のYahoo!プレミアムと50GBのオンラインストレージがついてくる。
  • 基本パック(月額無料)
  • Y!mobileメール
  • Yahoo!ボックス(30GB:オンラインストレージ)
  • Enjoyパック(月額500円)
  • Yahoo!プレミアムfor Y!mobile
  • Yahoo!ボックス(50GB:オンラインストレージ)

4.マイレージでさらにおお得に

  • さらにパケットマイレージでデータ量をお得に増量できるという。マイレージが貯まる条件は、Yahooのサービスを利用すると貯まるそうで、ランクに応じて通信データ量が増量されるという。
  • Yahoo!トップページログイン
  • スマホプランS:1日1マイル
  • スマホプランM:1日3マイル
  • スマホプランL:1日7マイル
    • また、Yahoo! JAPANに5日連続ログインすることで、マイルのボーナスが貰える「パケくじ」などが提供される予定との事。節約家には楽しいイベントとなるかもしれない。パケくじにあたると最大200マイル手に入るという。
  • マイレージランク
  • ブロンズ:0.5GB(80〜199マイル)
  • シルバー:1.0GB(200〜399マイル)
  • ゴールド:5.0GB(400〜599マイル)
  • プラチナ:無制限(600マイル〜)

5.キャンペーン

  • スマホプランM/L お試しキャンペーン」
    • 期間限定終了未定のキャンペーンとして、スマホプランM/Lの基本使用料が契約月に限りSと同じ2980円になる。
  • Wi-Fiセット割」
    • ソフトバンクまたはワイモバイルのPocket Wi-Fi 回線契約1つにつき、スマホプラン5回線までが最大2年間、月540円割引きになる


6.使用端末2機種(残念ながらiPhoneではない)

  • 薄さが魅力のファーウェイの「STREAM S 302HW」
  • ディスプレイ:1280×720/4.7型
  • プロセッサ:4コア1.6GHz/KIRIN910(HiSilicon社製)
  • メモリ:2GB ストレージ8GB(microSDHCカードで増やせる32GBまで)
  • カメラ:フロント:500万画素(レンズ:F2.0)
  • リア  :800万画素
  • OS:Android 4.4
  • 重量 サイズ:110g 横66×縦133×厚さ6.8mm
  • カラー:ホワイト、ピンク、ブラック
  • I/O:NFC、赤外線通信、microUSB
  • 802b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.0+EDR
  • 通信:FDD-LTE or W-CDMA
  • バッテリ(2000mA)
  • LTE:約6時間 W-CDMA:約7時間
  • 続待ち受け時間:約400時間(3G)/約330時間(LTE
  • 連続通話時間:約700分
  • SIMフリー
  • 防水、防塵、耐落下衝撃と耐久性が自慢のスマホ京セラ「DIGNO T 302KC」
  • ディスプレイ:960×540
  • プロセッサ :4コア1.2GHz 
  • メモリ:1.5GB ストレージ8GB(microSDHCで32GBまで増量可能)
  • OS:Android 4.4
  • カメラ:リア  :800万画素
  • フロント:196万画素
  • カラー:ホワイト、ブルー、オレンジ、グリーン
  • 通信 :LTEFDD-LTE)、W-CDMAAXGP
  • I/O :Bluetooth 4.0、802.11b/g/n(2.4GHz)
  • バッテリー:2000mA
  • サイズ 重量:横65mm×縦132mm×厚さ11.2mm 139g
  • SIMロック

まとめ

  • Y!mobileのこのサービス、ネットをあまり使わない人にとっては、スマホの月額料金が半分以下と魅力的なサービスである。残念なのは、端末がiPhoneではないことくらい、消費税増税で家計が苦しくなっている人は、助かると思う。ネットをあまり使わない人には、良いサービスだといえる。ただ、安い料金プランだと、ネットをコース料金以上に使ってしまうと割高になってしまうので、その点を注意してコース選択することをおすすめする。ヘビーユーザーでも、工夫すれば8GBまでなら、お得だと思う。というのは、スマホプランL(5980円)を使いYahooのトップページに毎日アクセスすれば、マイレージが210マイル(7マイル×30日)たまり、マイレージランク(200〜399)がシルバーとなり、1GB加算されて8GBとなる。

諸外国に比べて、スマホ普及率の低い日本(53.5%)、このサービスを期に一気にスマホが普及しそうだ。

それによって、インターネットを使う人が増えれば、テレビや新聞とは違う情報を手にする人が増え、現在の日本の危うい状況を皆が、スマホという小さな小窓から知ることになるだろう。そして、社会が変わる契機となるかもしれない。