SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

廃坑から金を掘り出すApple

ふと、どん底にあったAppleが成功した理由について考えてみた。Appleの躍進は、iMacから始まったが、それは、デザインとコマーシャルによる所が大きく、より本質的なイノベーションは、iPodからだと自分は思う。

当時、MP3プレーヤーは沢山あったが、そのどれもが不出来なものであり、それがメジャーなものになるとは誰も思わなかった。当時の製品は、MP3ファイルを保存できても、好きな音楽を引き出すのに手間がかかったり、記憶容量が少なくて、従来のメディアのようにデータの出し入れを頻繁にしなくてはならなかったり、ライセンス管理が厳密で使いにくいものばかりだった。

音楽を聞くという機能は果たしているものの、それを取り巻く操作性、運用の簡便さ、手間など、総合的に見ると、どれも片手落ちの不完全なものばかりであり、出来が悪すぎた。だからこそ、売れなかった。だがAppleiPodは違った。最初から1000曲入って、好きな曲をホイールから簡単に選び出せる操作性、そして、iTunesによる管理の容易さなど、フロントからバックエンドまで終始一貫して使いやすさと便利さを追求していた。だからこそ売れた。

ココで言いたいのは、MP3プレーヤー後発であったAppleiPodがなぜ売れたのかという点を考えてみると、高品質な体験にあると思う。音楽を聞くという体験をする時、好きな曲をどこでも自由に聞きたい。そういう人々の欲求を見事にiPodは満たした。だからこそ売れた。他の製品の体験は低品質だったから売れなかった。クオリティの差がAppleと他のメーカーとの差だった。

Appleのしたことは、他社が廃坑だと諦めた土地をさらに掘り進めて、金を掘り出すようなものだった。同じMP3プレーヤーでも、他社とAppleの製品には、雲泥の差があった。つまり、今や古いアイディアだと思われていても、それは単に品質が低くて価値が引き出せていないだけかもしれない。その点、ジョブスは先見の明があったといえる。彼は常に高品質なものを意識し、他の製品の問題点を素早く見抜き、それを徹底的に改善することでユーザーの支持を集めた。よって、重要なのは、品質であって、アイディアの新しい古いではないのである。他人が失敗したからそのアイディアが悪かったのではなく、ユーザーが満足する水準に達していなかったから、それは生かされなかっただけなのだ。

過去に失敗したからそのアイディアがダメなのかというよりも、その失敗の原因を徹底的に分析し、本当の失敗理由を明らかにすることで、実は、そこに成功の種があったりするのだ。

要は、ガラクタを作っても売れなかったというだけの事なんだけどね。
 

広告を非表示にする