SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

デモや抗議活動について思うこと(宣伝9:抗議1にするべきではないか)

自分は、デモや集会の撮影をよくしている。

 自分の動画リスト
 https://www.youtube.com/user/gudaneko/videos?sort=dd&view=0&shelf_id=1

例えば、議員会館前で抗議をしても、大抵はその中の政治家は無視を決め込んでいる。その様を見ると、まるで壁に話しかけているようだと感じる。自民党が政権に登ってから、それに拍車がかかったような感がある。では、彼等の行動が無意味なのかというと、それは違う。黙っている事こそが無意味なのだ。なぜならば、黙っていちゃ何もわからないし、分からせることも出来ないから。

ただ、今の状況では何も変えられない。圧倒的に規模が小さいからだ。そこで自分としては、やり方を変えたほうがいいと思うのだ。まず、議員会館などに行くのは、月1回とか3ヶ月に1回にして、それ以外の週には、その月1回とか3ヶ月の1回のデモの宣伝活動をするべきだと思うんだ。新宿とか池袋でチラシを配り、何月何日にデモをやると、QRコード付きのチラシを配るんだ。そのサイトには、情報が詰まっていて、それを知れば、何かしないといけないと思う様な重要な事が書いてある。そういうのを数ヶ月かけて宣伝する。そうすれば、デモの規模は現在の数倍に膨れ上がる。つまり、議員会館が壁のようにみえるのならば、その壁をぶち壊す規模にすればいいわけだ。

カッコイイポップ広告と、地道な宣伝活動、そして、そのチラシにQRコードを入れて、ネット上での宣伝活動、つまり、抗議の形態のウェイトを宣伝9,抗議1にするべきだと思うんだ。宣伝に8〜9割の労力を費やし、その結果生じた規模の力で壁をぶち壊す。そういう抗議の仕方が必要ではないかと、デモの撮影をしていて思う。

チラシを低コストにするためにA4の用紙を4分割して、安いコピー屋で5〜6円くらいでコピーして配る。そうすれば、500〜600円位で400枚位のチラシが出来る。情報の伝達は、サイトに任せて、そのアクセスサイトやテーマの宣伝にチラシは傾注する。それを皆で池袋とか新宿、渋谷とかで配りまくる。また、集まってきた人とSkypeを使って会議したり、勉強会をしたりして、お互いの情報交換を密にする。そうすることで、最初は100人、次は1000人、その次は2000人みたいに集まってきた人が、互いに呼びかけあって抗議の輪に加わっていくような事ができれば、最終的には国会議事堂や議員会館に数万人、数十万人に人達が集まり、無視できなくなるだろう。そうすることで、日本人は自分たちの権利を取り戻すことができるようになる。自分は、そう思うんだ。