SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

熊本の養鶏場でH5型鳥インフルエンザ検出

4月13日、熊本の多良木町の養鶏場でH5型の強毒性の鳥インフルエンザが検出された。12日までに270羽死に、13日になると1100羽死んだ。

 NHK:熊本でH5型鳥インフルエンザウイルス検出 2013.4.13 20:20
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140413/k10013699941000.html

熊本県の対策>
・経営者が同じ相良村の養鶏場の合わせて2か所、それぞれ半径3キロ以内の養鶏場ニワトリと卵の移動を禁止
・この2か所の養鶏場で飼育されている合わせて11万2000羽のニワトリの処分を決め、午前10時半から処分開始
・職員およそ1000人を現地に派遣し、ニワトリの処分や周辺の合わせて11か所で車両の消毒
・10キロ以内の養鶏場に対しても、ニワトリと卵の域外への出荷禁止

<自治体の対策>

熊本県相良村は13日午前7時すぎに対策本部を設置
相良村役場では、すべての職員が出勤して、飼育されているニワトリの数を把握したり、国道に2か所設ける消毒ポイントの確認などを行う

<国の対策>
農林水産省
・4月13日 防疫対策本部を設置(朝日新聞)

  • ウイルスの感染経路を特定するため、農水省職員や動物衛生研究所の専門家チームを現地へ派遣
  • 都道府県には、鳥インフルエンザと疑われるケースが見つかった場合の早期通報を徹底するよう通知

環境省
環境省は野鳥の監視を強化(NHK)

  • 熊本県多良木町の養鶏場から半径10キロ以内の野鳥の監視を強化
  • 14日以降、現地に専門家による調査チームを派遣
  • 熊本県に対し、指定した区域の中で死んだり弱ったりした野鳥が見つかれば、ウイルスに感染していないか調査を強化するよう指示

首相

  • 13日訪問先の山梨県、迅速な防疫対策を関係省庁に指示の後、ゴルフを続ける
    • 鳥インフルエンザが確認された段階で、政府として情報の収集を行い、農林水産省をはじめ関係省庁がしっかりと連携をとって、徹底した防疫措置を迅速に行うとともに、国民に対して正確な情報を的確に出すよう指示した」
  • 夕方、総理大臣公邸
    • 農林水産省の小林消費・安全局長らから、現在の状況や政府の対応について報告を受ける。

菅義偉官房長官

  • 14日午前の記者会見(朝日新聞)
    • 「全く問題ない。熊本県と連携を取りながら非常に迅速な対応ができている」と述べる。菅氏は理由として、今回、検出されたウイルスが中国で人への感染が確認された型ではなかったことなどをあげたうえで、「国民に無用な不安を与えないようにすることも危機管理の一つだ」と述べた。

<外国での鳥インフルエンザの状況>

  • 韓国では1月ごろから、鳥インフルエンザ(H5N8型)が大流行し、3月末までに1187万羽が殺処分された。

<専門家のの見解>

  • この時期、南半球からシベリアに向かう渡り鳥が日本に鳥インフルエンザ尾を持ち込んだ可能性があるという。春先、インドネシアやオーストラリアなどから北上し、日本に立ち寄るのだという。この経路には、ベトナム、中国、韓国など、鳥インフルエンザが発生している地域があり、その過程でウィルスを体内に取り込んだ渡り鳥が日本に持ち込んだ可能性があるとのこと。渡り鳥は日本を横断するので、熊本だけでなく、今後どこで感染が起こっても不思議ではない。渡り鳥の移動が終わる大型連休(5月中旬)頃までは、厳重な警戒が必要だという。そして、もし、死んでいる野鳥などを見つけても近づいたり触ったりせず、保健所などに連絡してほしいとのこと。


まとめ

  • 対策は、各省庁と都道府県が連携しているというのが現状、感染経路の有力候補は野鳥であり、今のところ人への感染をするタイプでない模様。しかし、今回のウィルスが韓国で広がったH5N8型とすると、韓国が1187万羽も殺処分したことから見て、鳥に対し、相当な感染力を持つとみられる。しかも、渡り鳥の北上に合わせて感染しているとすれば、その飛行ルートにある日本全国で感染が起こる可能性があり、警戒が必要だ。特に死んだ鳥の死骸や糞には触らないことが大切、人に感染しないとしても、ウィルスは変異するので人と接触をしてしまうと、段々と適応して感染力を身につけてしまう可能性もあるので、できるだけ触らないようにするべきだろう。また、鶏への感染を防ぐため、養鶏場などは、できるだけ早く、行政に報告することが求められるだろう。遅くなると、被害がどんどん広がって日本全国に広がるので、早さが重要だ。
  • また、人への感染はないものの、これを期に感染対策をするのも良いだろう。今後、人への感染力を高めたウィルスが入ってくるにしても、その時になって用意しようとすると、恐らく売り切れ続出で、買いにくくなっているだろうから、こういう時に、そういうものを用意しておいても良いと思う。PM2.5、花粉、ウィルス、放射能と、この時期、乾燥していて汚染物質が巻き上がる傾向があるので、マスクは必需品だと思う。