SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

秘密保全法に対するパブコメを書いた。

今日、2013年9月17日が締め切りの秘密保全法に対するパブコメ、翌月10月の中旬には、議会で決せられるという、この法案を一言で言うと、言論に対するデスノートである。いやマジで、政府が秘密とした情報を漏らせば、10年以内の懲役、それまでの行政法による1年以内の懲役とは比べ物にならないくらい重い罪となり、さらに、その情報を漏らすのに協力した人間も共謀罪として罰せられる。

だから、政府が特別秘密だと決めた情報をデモで発言している人がいて、その人をデジカメで撮影してYouTubeにアップしたりすると、共謀罪で逮捕なんてことになる。政府に都合の悪い情報を漏らした人間を芋づる式に捕まえることが出来る。これを普通、なんて言うかというと、言論統制という。ついに言論統制が出てきてしまったという感が強い。ここから日本人は黙らされて、悪い時代に向かう入り口に立っていると言っても過言ではないくらい危険な法案である。

この法案の恐ろしいところは、政府が国民を黙らせる口実を、非常に広範に認めてしまうことである。デスノートと同じで、指定した事項に対して、効力を発揮する。デスノートでは、ノートに書いた人間が死ぬのだが秘密保全法では、特別秘密に指定された情報を漏らした場合、逮捕される。これが何を意味するのか、それは政府に巨大な権力を与えてしまう事になる。どんな聖人でも、権力を手にすれば腐敗する。ましてや、最初から腐敗している人間が、このような法律を手にしたら何をしでかすか、大体予測はつく。自分に歯向かう者を、片っ端から逮捕できるように、特別秘密を指定し、それに反したものをガンガン捕まえることであろう。

そして、大抵は、戦争のようなろくでもない事をしだすのが、ヘボい政治家のすることである。原発の問題なんかもそう。放射能の問題も、政府にとって都合の悪い情報を特別秘密にしてしまえば、人々のために本当のことをいう人が悪者として捕まるなんていう事が起こるようになる。権威主義者の実態は臆病者であるので、そう言う臆病者に秘密保全法のような道具を与えてしまうと、敵対者を徹底的に容赦なく弾圧する。極めて些細な事でそういう事をするので、社会が恐怖に包まれる。

だから、政治家に秘密保全法を与えてはいけない。酷い社会になるのは目に見えている。というわけで、秘密保全法に対するパブコメ、ひとこと言っておくべきだと思う。多分、パブコメを書いても、状況は変わらないかもしれない。だが、このような暴挙に対して、何もひとことも言わないことが正しいとは思えない。それが効果があるか如何に関わらず、私は民主主義を標ぼうする一市民として、ひとこと言っておくべきだと思う。

「特定秘密の保護に関する法律案の概要」に対する意見募集について
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060130903