SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

|◀
▶|
QR
voice
volume
0
rate
0
Pitch
0

【動画】STOP TPP!! 7.7 参院選直前大行動|2013.7.7

STOP TPP!! 7.7 参院選直前大行動|2013.7.7

2013年7月7日、七夕の日、4:40分から「STOP TPP!! 7.7 参院選直前大行動」を撮影
途中土砂降りに見まわれ、その後、虹が出るなどのハプニングもあり、TPPが推進されて、暗くなった心を虹が何だか励ましているようで、印象的だった。

<動画インデックス(1時間56分)>
YouTubeに行くと、いくと、時間のところをクリックをすると、そこへ飛べる。
00:00 最初の挨拶
04:20 サルのTPPの解説「これ以上デフレを進めてどうするんだ〜!」
15:57 TPPに対する、それぞれの政党のスタンス
28:34 TPPクイズ
42:20 ジョニー.HさんのTPPソング
49:18 火炎瓶テツさんのTPPソング【土砂降り!】
   「TPP ! TPP ! 世の中絶対良くならない!」
1:10:38 「参議院選挙、皆さん選挙に行きましょう!」
1:13:58 【虹】
1:16:30 TPPクイズの続き
1:35:50 えみむめもさんのTPPソング
    「皆で参議院選挙行きましょう!」
1:38:20 演劇「モンサントポリス」
    「遺伝子組み換え作物はいらない!」
1:53:49 最後の挨拶

老人「逆らってもやり損」
この抗議集会に来るときに、新宿アルタ前でおじいさんにTPPについて說明した。祖の上で、本当の景気対策は、世界同時に通貨を発行して、需要を拡大させるといったのだけど、おじいさんは「それは正しいと思う。しかし、正しいことは通らねぇやな」と言われ、そして、「逆らってもやり損」と言われ、確かにその通りなので、自分は「やるべきことをやってから、諦める」と言ったら「自分でなんとかするっていうのは、いいやな」と言って励ましてもらった。これを聞いて、老人は経験があるので現実を知っているが、同時に絶望もしていると感じた。つまり、知りすぎていて諦めているというのがあると感じた。

中学生「先生がこれからはグローバルだからって言ったからTPP賛成」
反面、このデモが終わった後、アンケート結果を聞くと、中学生は先生から、これからはグローバル社会だから、TPPに賛成と言っていたという。その中学生の先生は、事実を教えていない。自分の教わった先生は「帝国主義は警戒しておけよ」とちゃんとしたインテリだったので、TPPの内容を見て、マズイと思ったが、今は教育から腐っていると感じた。そういうわけで、子供は教育で方向づけされてしまう傾向があると感じた。

20代の若者「安倍総理が好きだからTPP賛成」
そして、20代の飲食店に勤務している若者は、安倍総理が好きだから、安倍さんが支持するTPPに賛成という。内容も分からず人柄を見て賛成してしまうあたり、アホだと思ったが、それも現実、つまり、キャラクターだけで選んじゃう。イメージだけで選ぶという傾向、しかし、これは確かに何も知らなければそう言う傾向が生まれるとも考えられるため、単に馬鹿と言うよりもマスコミが報道していない結果とも考えられる。

正しい情報が伝わっていないので、先生とか人柄とか、人を介して状況を判断している姿が垣間見える。私は人なんて全然、信じていないから、疑ってかかるのが基本だから、ネットを調べ、それが事実かどうか確認してホッとするタイプである。思えば、飲食店勤務の若者は毎日が仕事で忙しく、ネットで調べものをする時間もないのかもしれない、純粋な子供は先生が正しいと単純に信じているのかも、そう思うと、どうにかならないものかと頭をかかえて思案をしている所、集会が終わった後、その場所にバンドが来て演奏をしていた。演奏が上手く、多くの人が自然に集まり、目を輝かせているのを見て、カッコいい抗議行動ってのもありかもしれないなと思い「デザインが重要だな」とおもった。クールでカッコいいデモってアリかも...カッコイイものに人は集まる。かと思えば、老人は、何が正しいか悪いか分かっているものの、絶望している。そう言う現実を見て、カッコよくて希望がもてるデモってなんだろうと考えながら家路についた。