SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

大飯原発で機動隊と市民が対峙(大飯町で大飯原発再稼働抗議デモ)

6月30日深夜から7月1日現在にかけて、大飯原発で市民と機動隊が対峙している。これは7月1日午後9:00に政府が大飯原発を再稼働する事に抗議している。

1.大飯原発再稼働に抗議する市民
大飯原発正門前抗議行動 protest against (USTREAM ライブ映像)

6月30日から、雨の中、体を張って必死で抗議していた。彼らは日本国民、皆の安全のために頑張ってくれている。安全も確認せずに原発を再稼働させる野田とは大違いだ。(Foresight:安易な原発再稼働で「10年以内に再び過酷事故」という原子力委試算

(この映像をNHKは報道しない、海外のメディアは続々と現地に入っている)

  • ドイツARDテレビが大飯原発反対デモを報道!
  • 1m50s辺りから、空撮されている映像を見られると良い。

この映像を見て思ったのは、野田政権には、もはや全く大義がないことだ。6月29日にも首相官邸前で大規模デモがあった。

 東京新聞:膨れあがる再稼働反対 官邸前デモ
 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012063090070325.html 
  首相官邸前に詰めかける人たち(2012.6.29)
  
  29日午後7時43分、東京・永田町で(中嶋大撮影)

写真を見ると分かる通り、沢山の人が首相官邸前にいる。これほどの人数が集まったのは安保闘争以来であるという。しかも、その殆どがTwitterなどで集まった組織動員でない普通の人達なのである。デモは毎週金曜日午後六時、首相官邸前で行われており、回を追うごに人数が増えていて、6月15日(金)11000人 → 6月22日(金)45000人 → 6月29日(金)主催者発表で20万人とのこと、実際、10万人は確実にいたと思われます。この写真の外にも実際には人がいて、道路にkm単位の長蛇の列があった。

2.なぜ抗議するのか?

  • 原発をどうして再稼働することに非難が集中しているのかというと、まず、6月29日のデモの写真を見ると分かる通り、政府が全く民意を無視して原発の再稼働をしていること、そして、原発の安全が担保されていないことに抗議している。そして、一度、大飯原発を再稼働をしてしまうと、そこから、伊方原発など、他の原発の再稼働も、なし崩しに実行されてしまうおそれがあることから抗議している。
  • テレビや全国紙を見ても、どうしてこれほど人々が原発に反発を抱くかわからないと思うが、ネットでは、大飯原発再稼働には問題があることが分かっている。
  • 0.2004年から世界中でM6以上の巨大地震が急激に増えている。

これは、お天気の雲の動きと同じですね。西日本の雨雲が翌日に東日本に来ているみたいな感じです。そう言う感じで放射性物質が落ちてきます。大飯原発メルトダウンが起きて放射性物質が漏れると、翌日には東京にも来ますね。そして福島と違うのは、福島では90%の放射性物質が海(太平洋)に落ちたのですが、大飯原発の位置からだと、100%近く本州の陸に落ちます。つまり、福島の10倍の放射性物質が落ちてくるのです。

  • 風下には、日本の主要都市や工業地帯があり、水源地もある。もし、大飯原発が壊れると、これらすべてが放射能汚染される。そうなると、工業製品は放射能まみれになって売り物にはならず、海は汚染されて日本海の魚が食べれなくなり、農作物も放射能に汚染されて食べれない、水も汚染されて飲めない事態になるおそれがあるのです。

まとめ

  • このように、2004年のスマトラ沖地震以降、世界中で巨大地震が増え、日本でも大飯原発の耐震性能の倍以上の揺れのある地震が3回も起きている。しかも、大飯原発の直下には活断層がある疑いあるという専門家の指摘もある。つまり、大飯原発再稼働は非常に危険であり、もし、原発の耐震性能を超える地震が起きて、メルトダウンをすると、日本の人口の70%が被曝するという大惨事に見舞われる。また、大飯原発にはベント弁(圧力を逃がす弁がないと水が注入できない)がなく、ベント弁がないのだからベント弁のフィルタ(圧力は逃がすが放射能は逃さないフィルタ)もそもそもなく、免震重要棟もない(トラブル時の制御室)と、ないないずくしの、このあまりにも大きなリスクをネットで知った人々が抗議しているというわけである。

 

  •