読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

早めに省エネ暖房器具を買うべきかも...

家電 環境 節約

日立リモコン付き扇風機 HEF-60R の価格変動履歴
http://kakaku.com/item/K0000241173/pricehistory/

今年の扇風機の価格上昇は異常だった。5月24日位までは、扇風機が6300円程度で済んでいたものが、6月30日には19800円となり、現在(8月2日)では最安値が8300円と落ち着いている。だいたい、暑くなるシーズンの一ヶ月前から値段が上昇し始めていることから考えて、それよりも2ヶ月前くらい前から買っておけば、余裕で最安値で買えると思う。この冬も節電が求められているのは変わらない。そこで、扇風機ほどではないにしても、節電暖房器具の需要が高まり値段が高騰する可能性があると見越して、それより以前に買っておくことが賢い買い物と思い、節電暖房器具を、この夏の8月の段階で紹介することにした。一般的に寒くなり始めるのが10月の下旬、扇風機と同じ様に値上がりをするとしたら、9月の下旬からである。8月上旬のこの時期からならば、恐らく、値段が上昇する前に余裕で買えると思う。

扇風機の値段が上昇したのは、多くの家庭が扇風機からエアコンに切り替え、主要メーカーの一部は扇風機の製造をやめたためだ。なんとPanasonicは扇風機を作っていないのだ。こういう生産力が落ちたところへ、大量需要が突然降って沸いたものだから、需要と供給の均衡が崩れ急激な高値となってしまった。省エネ暖房器具にも同様の傾向がある。消費電力が少なくて暖かい

電気ひざ掛け:NA-052Hの場合(私はだいたい弱と中の間の7w程度)
 弱:20度(3w/h)
 中:36度(18w/h)
 強:52度(32w/h)

電気ひざ掛けなどは、その典型で、つくっているメーカーが少ない。しかも、ひざ掛けは、一人一枚必要なので、需要が発生すれば大量に必要になるかもしれない。だけど、値上がりすることはよくないと思ったので、8月中に買う人がいれば、結果として、値上がりのピークの山をなだらかにすることができると思い、この季節外れの提案となったわけだ。真夏の暑い時期に暖房器具もないものだと思うが、この冬も節電が必要であるし、恐らく、電気ひざ掛けを使ってエアコンの暖房の設定温度を下げれば、電気代の節約分で電気ひざ掛け1枚(3000円)くらいは買えると思う。電気ひざ掛けが素晴らしいのは、電力消費が少ないのに、結構、暖かくて便利なこと、消費電力が少ないので24時間(弱:5w)つかっていても、120wh程度にしかならない。省エネエアコン(10畳:740w)を1時間使った場合の電力の1/6程度にしかならないのだ。家族三人が1日中、電気ひざ掛けを使ったとしても省エネエアコン30分程度の電力しか使わない。電気ひざ掛けは、暖房コストを大幅に下げるので、お勧めだ。そして、それは大幅な節電となり、脱原発を推し進めることができる。

もう一つお勧めなのが、加湿器である。冬は湿度が低く、体感温度が下がる。湿度が低くなると体感温度が下がるのは、乾燥することで汗が蒸発しやすくなり、その気化熱によって体から熱が奪われるためである。

 参考資料:ダイキン 体感温度と湿度の関係
 

また、乾燥すると風邪のウィルスも飛散しやすくなる。つまり、加湿器を使うと体感温度が2〜3℃上がり、風邪の予防もできるわけだ。また、最近の加湿器は水蒸気にナノイオンを混ぜることで雑菌を殺す機能もある。小さな子供さんいる家庭ではお勧めである。また、家族に花粉症の人がいるのならば、加湿機能付き空気清浄機がお勧め。(春先の花粉が除去でき、快適に過ごせる)

というわけで、今年の冬は加湿器と電気毛布の連携で脱原発というのがテーマ。値段が高くなる前に買うという提案なので、季節外れなことは否めないが、こうやって早いうちに買っておけば、その分だけ、たくさんの人たちが節電をし、この冬の電力も節約され、風邪も惹かず、暖かく快適に冬が過ごせるだろう。真夏にそんなこというのはおかしい感じだが...

電気ひざ掛け
 机でパソコンをやっているとき、コレがあると温かいです。
 なかぎし ひざ掛け毛布:NA-052H
 (自分、コレ使っています。結構、暖かいです。この製品は色違いのものがあります)
 価格.com最安値:3200円 2011.8.3現在
 楽天レビュー:NA-052H
 サイズ:140x82 cm(自分は身長180cm位だけどちょうどいい)
 消費電力
  弱:20度(3w/h)
  中:36度(18w/h)
  強:52度(32w/h)
 

電気敷毛布
 なかぎし 電気敷毛布 NA-02S
 素材  :ポリエステル50%、アクリル50%
 サイズ :140cm×80cm
 温度調整:弱、中、強(無段階:バックライトなので暗くても分かる)
 機能  :室温センサー機能:温度を自動調整
      ダニ退治機能  :指定の手順に従い通電するとダニが3時間で退治できる
      頭寒足熱    :冷えやすい足元はしっかり暖め、胸元はソフトに暖める
      洗濯ができる
 消費電力:弱:20度(3w/h)
      中:36度(18w/h)
      強:52度(32w/h)
 

ネックウォーマー
 部屋全体を温めるのではなく、体を温めて省エネ
 充電   :USB-A(付属のUSB ACアダプタで充電:エネループベース)
 バッテリー:持続時間 5時間 
 

ウエストウォーマー
 部屋全体を温めるのではなく、体を温めて省エネ
 サイズ     :Mサイズ(58〜80cm)|Lサイズ(80〜110cm)
 充電      :USB-A(付属のUSB ACアダプタで充電:エネループベース)
 バッテリー   :持続時間 7時間
 電池部分    :携帯、iPhoneiPadの充電が可能
 三洋の製品ページ:eneloop waist warmer 製品紹介ページ
 

加湿器
 部屋の湿度を高めて、体感温度を上げて省エネ
 サンヨー:CFK-VWX05D(価格.com最安値:7980円 2011.10.27現在)
 http://kakaku.com/item/K0000150023/
 サイズ :高さ40×幅32×奥行28cm
 タンク :容量4.5リットル
 加湿量 :500ml/h
 消費電力:17w
 

加湿空気清浄機
 加湿機能で体感温度を上げて、春先になったら花粉症予防
 Panasonic F-VXF45(価格.com:13440円 2011.10.27現在)
 http://kakaku.com/item/K0000136637/
 空気清浄:21畳
 加湿量 :450mL/h
 加湿  :8畳
 タンク :2.5L
 消費電力:7〜35wh
 

省エネエアコン
 高効率のヒートポンプで省エネ
 三菱重工 SRK28RSM(10畳タイプの2011年 最上位モデル)
 SRK28RSM kakaku.com最安値:51000円(2011.10.27)
 このランクの省エネエアコンが、この値段は安いです。通常は7〜8万はします。
 広さ  :洋室(暖房:10畳 冷房:12畳)/和室(暖房:8畳 冷房:8畳)
 機能  :フィルター自動清掃
      除菌機能(プラズマ4Dイオン)
 消費電力:年間消費電力905kWh(この値は10畳用としてはトップランクです)
      APF値:6.2(この値が6台の製品で5万円台は安い)
      冷房消費電力:615w
      暖房消費電力:710w

 


家電を安く買うノウハウとして、シーズンからちょっと外したり、9〜10月の決算期などが安く買える。今年はそれが顕著になりそうなので、このような季節はずれな提案となった。