SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

なぜ私は挫折してしまうのか?

大抵は、やっていく内に、物凄くやることが多いことに気づく、そこで挫折する。しかし、そこで大事なのは全体を見ることではなく、全体を構成する部分に意識を集中すること、なぜ全体を見てしまうのかといえば、それは他人の目を気にしているからです。他人の目が全体を気にすることになるのはなぜかというと、他人の評価とは、全体的な評価なんです。専門家のように、「ここは良かったけど、ここは悪かったね」というような具体的な評価ではなく、全体を大雑把に見た評価です。ピラミッドで言えば、あの巨大な四角錐を遠くから眺めて評価するのが人の目というものなのです。しかし、あのピラミッドを実際に作る事は、何年もかけてひとつずつ石を積み重ねてきた結果なのです。ピラミッドを造った一人一人の石工たちが、ピラミッド全体を想定し、こんな巨大なものを作るのは無理だと諦めていたら、あの巨大なピラミッドは出来なかったでしょう。では、なぜ数千年前の石工たちに出来て、現在の私たちが挫折してしまう理由は何でしょうか?それは、石工たちは、ただ石を作り出すことに集中していたからです。それ以外に何もありません。そして、石を運ぶ人達は、ただ石を運ぶことに意識が集中していたからです。それぞれの部分的な集中が、最終的にはあの巨大な建造物を造ったのです。ここで重要なのは全体ではなく部分です。プランニングでは全体を見る必要がありますが、それを実現するアクションでは、その構成要素の「部分」に意識を集中することが必要です。部分に集中するべき時に全体を意識してはいけません。あまりの大きさに絶望して身動きが取れなくなってしまいます。つまり、問題は、全体で評価する人の目を気にしすぎて、目の前の仕事、つまり部分的なタスクに意識が集中できないことが、挫折する理由なのです。大事なのは人の目を無視して、ただ黙々と計画で示された部分的なタスクをこなしていくことなのです。ピラミッドを造った数千年前の石工たちのように...

Wikipedia:ギザのピラミッド

広告を非表示にする