SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

Mac mini 2011 発売 Lion搭載、2倍に高速化

1.DVDドライブよりもネットを使えというハード

  • Mac mini 2011が発売された。今回のは、ディスクが無くなった。なんだか、AppleTVの上位機種と思えなくもないデザインだ。(ディスク口がないから特に)そのかわり、OSがLion同士ならばAirDropという無線LANで近距離ならばデータの受け渡しが出来るようになった。だが、WindowsやLion以前のMacOSとのやり取りではUSBメモリが必須だ。日本では未だに楽曲はCDで売られていることが多いので、音楽を入れるためには、旧機種を残しておくか、ディスクドライブを新たに購入する必要があるだろう。ただしかし、時代がクラウドに向かう流れからすれば、DVDドライブが無くなるのは必然だったのかもしれない。日本の音楽業界が時代の流れに追いついていないという所もあるかもしれない。Apple的に言えば、ディスクはレガシーであって、これからは、iCloudiTunes、AppStore、AirDropなどを使って欲しいということなのだろう。実際、音楽もビデオもソフトも全て、Appleが供給するインフラを整えているのだから、そういう事なのだろう。残念なのは、日本では、音楽やビデオはCDやDVDのものが依然としてかなりあって、そういうディスクの需要がまだかなりあるという事なのだが、そういう事を切って捨てる勇気こそAppleAppleたる所以かもしれない。iMacの時に古いI/Oやフロッピーディスクを切って捨てた時とイメージが重なる。

2.消費電力

  • アイドル時の消費電力が残念ながら、前機種の9wから13wと増えてしまった。

3.プロセッサとGPUの性能向上

  • 性能的には、CPU2倍とGPU(上位機種のみ2倍)になっていて、GPUの性能がフルHD立体視表示できる性能に達したといえるのですが、Macではまだ立体視に対応しておらず、Windowsを入れたとしても、GPUメーカーがNVIDIAからAMDになってしまったので、NVIDIA 3D Visionは使えず、そして、AMDは「Open Stereo 3D」という標準規格をぶち上げているが、ネットで探しても2011年の情報がなく、う〜んと唸ってしまう内容。まぁこのMac miniは3D立体視が出来る実力はあるけど、Windows入れても立体視はできないよという仕様(うぐぅ)ドライバーソフトが見当たらない。(あるかもしれないので、知っている人は教えて欲しい)

4.Bluetooth 4.0採用

  • 自分は、このハードの注目ポイントは、メジャーマシンによるBluetooth 4.0対応にあると思う。従来のBluetooth2.1EDRは、音声を圧縮転送しなければならず、若干、タイムラグが生じていたがBluetooth3.0以降は、非圧縮で転送できる転送能力がある。その恩恵に浴する為には、Bluetooth3.0に対応した高音質のワイヤレスヘッドフォンの登場が必要だが、ハードが普及しないと、そういうものも発売しないので、メジャーマシンへの採用を待っていたが、ついに来たという感じ。多分、旧Mac miniでもUSBポートからBluetooth 3.0以降に対応できると思うので必須項目ではないのだが、ハードが普及しないと対応製品も出てこないので、それが出てきたということに意義がある。

 
以前のMac miniとの違い(サーバタイプ含まず)
 デザイン :ディスクドライブがなくなった。まるでモノリスのようだ(19.7cm角)

 (写真をクリックすると拡大します)
 CPU  :Core 2 Duo 2.4/2.66GHz → Core i5 2.3/2.5GHz
       メモリと直接繋がり、2倍に高速化(コアは2個だが4スレッド処理できる)
 メモリ  :SODIMM DDR3 1064MHz → SODIMM DDR3 1333MHz
       2GB → 下位機種2GB/上位機種4GB
 GPU  :NVIDIA Geforce 320M (SP数48)→ 下位:Intel HD Graphics 3000
                          上位:RADEON HD6630M(2倍)
 VRAM :上位機種のみGDDR5 256MB搭載
       下位機種はメインメモリ288MBと共有
 消費電力 :アイドル時:9.13w → 12.97w(ここは残念)
 入出力端子:Thunderbolt搭載(Displayport兼用)、Bluetooth 4.0対応

 価格   :下位機種:52800円
       上位機種:68800円(高速GPU/メモリ4GB)
 
まとめ

  • 性能はCPU、GPUともに2倍に上がった。Thunderboltにも対応したので、将来的に新しいI/Oが出ても、対応できる性能を持っているが、それを生かす周辺機器やソフトウェアが少ない。そういう意味で突出したハードである。初代iMacの時と同じ状況にあるハードだ。ディスクを排除する為にOSで無線LANでのファイルのやり取りを可能にしたり、iCloudによる情報の共有という野心的な目標を掲げたハードである。音楽については、日本ではCDでの楽曲が未だに多いのでディスクドライブが必要だが、そういう時は、古い機種のドライブを使うなどすればいいだろう。安い機種は、52800円と安いのだが、自分的には、GPUが貧弱なので欲しいと思えるスペックではない。だが、GPU性能がそれほど必要のない人には、魅力的な選択肢になるかもしれない。Mac miniは静かでコンパクトで省電力だしね。自分がこのハードに見るものは、ワイヤレス接続を前提とした初めてのディスクトップパソコンと言えるだろう。なんだか、MaciPadiPhoneのサーバ機になったような仕様だ。その割にはアイドル時の消費電力が増えてしまったのは残念だが、プロセッサのスピードが2倍になったのは特筆すべきだし、GPUの性能も高いので、将来的にはソフトも揃い3D立体視も出来るのではないかと見込んでいる。そういう意味では、このMac miniは秘めたる才能をもったハードといえなくもない。DVDドライブがないのでデータバックアップにはiCloud(5GB:オフィスファイルくらいだったら大丈夫かも)を使うか、ハードディスクを増設する必要があるだろう。(最近のハードディスクの1GB単価はDVDのそれに近くなった)あとWindowsをいれる人は外付けDVDドライブが必須だから気をつけよう。
  • このMac miniクラウド時代のディスクトップといえるだろう。残念ながら日本のソフト業界が世界の趨勢からかなり遅れているので、DVDドライブが必要なシチュエーションが多いのがネックだ。未知の要素が多いので、使ってみないと分からないハードのような感がある。タッチインターフェースとクラウドがどのような操作感覚を生み出すのか、自分にも分からない。クラウドにタッチするハード、それが今回のAppleのハードラインナップといえる。だが触ってみないと分からないみたいな...そんな感じ。

Mac mini価格.com MC815J/A 50271円MC816J/A 65600円 2011.7.30現在)

  •  

Windowsマシンとして使う人は...(ディスクドライブ調達→Windows

  •  
  •  

 
データバックアップ(省電力の外付け2TBハードディスク)

 
Lionのジェスチャー操作に対応する為に

広告を非表示にする