SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

暑さ対策

連日暑い日が続いていますね。家では毎年、エアコンなしで過ごしているのですが、その経験則として、以下のような工夫が必要だと思います。まず、汗が沢山出ますので、それによる弊害を抑え込まなければいけません。汗で流れ出る水溶性のビタミンやミネラルの補給を忘れずに行ってください。また、あっさりした食事ばかりをして、たんぱく質を含むようなこってりしたものを避ける傾向があります。これは体力低下を招きます。そこで消化に良いプリンをお勧めします。プリンは牛乳と卵で簡単に作れますので、お勧めです。私はプリンと豆腐をよく食べています。魚肉ソーセージもイイですね。夏場は塩分が不足しがちなので、しょっぱいみそ汁もいいと思います。暑さ対策は、保冷材を首に巻くのが効果的です。弱点は2〜3時間程度で効果がなくなることですが、ないよりマシです。自分専用の扇風機もいいですし、水風呂でもいいでしょう。そして、寝る時は、この睡眠が快適にできないと夏は辛いと思いますので、アイスノンは必須です。冷蔵庫に家族分をストックしておく事をオススメします。風が通るようにし、風鈴を付けてもイイでしょう。これで大体、眠れます。朝起きたら汗をかいているので水分補給はきちんとし、朝食もキチンと食べておく事が大切です。食べないと夏場は特に体がとても怠くなります。このように暑さで体調を崩しがちですが、キチンと対処すれば、夏風邪や夏バテを回避できる事でしょう。これだけ暑いと何の体調管理もしないのは、危険です。キチンとセルフコントロールをしましょう。

紫外線対策
・帽子
・サングラス(100円ショップで売ってる)
 強烈な夏の日差しから自分の目を守るために必要
 UVカットレンズならば、色は薄いほど良い。
 濃すぎると瞳孔が開いてしまい、紫外線が網膜に入りやすくなってしまうから

熱中症対策
熱中症の原因:大量の発汗により、水分と塩分とミネラルが不足し、脱水症状を起こす。
 水分と塩分の補給が重要(水筒の所持や塩分をジッパー付の袋に入れて持ち歩く)
 資料:Wikipedia 熱中症
 

暑い
・保冷材を大きめのハンカチなどを使って首に巻く(100円ショップで売ってた)
・水風呂に入る
・自分専用小型扇風機を用意する。(首ふりをしないで自分専用)

冷たい食べ物
・かき氷器(手回しの方が静かでイイです)
 

眠れない
・アイスノンをタオルでくるんで、まくらにして寝る
 
・窓を開ける(南側の窓を開けたら北側の窓を開けるなど、風の通り道を造る)
おすだけベープなど、蚊を殺すものを用意する。

頭がクラクラする
・鉄分サプリメント摂取(汗で鉄分が流れ出して不足しがち、酸素不足になり怠くなる)
 
・鉄フライパンを使う(鉄フライパンで調理すると鉄分がしみだして補給できるそうです)
 

体が怠い
・塩分摂取(しょっぱいみそ汁などを飲むか、塩を持ち歩く)
 机の上の小皿に塩をもっていつでも舐められるようにしておく
クエン酸を飲む(黒酢など)
 クエン酸は、肝臓が乳酸を分解する効率を大幅に高めてくれる。
 酢っぱいので、水で10倍に薄めてシロップを混ぜて飲む
   
 
夏バテ・夏風邪
・汗で流れ出てしまうミネラル・ビタミンの補給
 ・夏風邪は、亜鉛やビタミンCの不足で抵抗力が落ちてしまう。
 ・夏バテは、ビタミンBや鉄分の不足で体の代謝の効率が悪くなる。
 鉄分・亜鉛・ビタミンC・ビタミンB(各種サプリメントで補給)
    
・栄養補給:あっさりしたものばかり食べて、たんぱく質やカルシウム不足しがち
 消化の良いプリンがオススメ(レシピ:電子レンジで簡単プリン
 

広告を非表示にする