SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

2011年7月3日現在の福島第一原発の状況

ようやく「循環注水冷却」が本格稼働、「ステップ1」終了まであと2週間
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110703/276285/?ST=ecology&P=1
3号機 窒素注入へ放射線遮蔽の作業(7月3日 17:40更新)
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20110703/index.html

原子炉の状況
・1号基
 ・温度と注水状況
  ・給水ノズル温度:117.7度
  ・1時間辺りの給水量:3.5トン
 ・窒素ガス封入
  ・4月7日から実施、これまでの封入量は5万7000立方メートル
・2号基
 ・温度と注水状況
  ・給水ノズル温度:112.9度
  ・1時間辺りの給水量:3.5トン
 ・窒素注入(水素爆発を防ぐ処置)
  ・局所排風機で建屋内の空気を浄化
  ・6月19日:二重扉を僅かに開ける。
  ・6月20日:AM 5:00 全開して自然換気
  ・6月21日
   ・午後:原子炉の圧力、水位、格納容器の圧力を測定する計器の取り付け
   ・格納容器へ窒素ガス封入を行うための配管作業の準備を行った
  ・6月28日
   ・午後8:00過ぎ:格納容器に窒素ガスを封入開始
  ・7月2日
   ・午前11時までに約1100立方メートルの窒素ガスを封入
  ・格納容器の下の圧力抑制室の破損部の修復工事(汚染が酷く厄介な工事)
   ・循環冷却が進んで放射線量が下がらないと着手できない。
・3号基
 ・温度と注水状況
  ・給水ノズル温度:153.4度(3号基の温度が高いのが心配)
  ・1時間辺りの給水量:9トン
 ・汚染状況
  ・床に放射性物質を含んだ砂やほこりが溜まっていて...
   ・50〜186msv/hの高濃度の放射能汚染ヶ所があちこちにある
   ・7月1日午前から吸引装置を取り付け...
   ・米アイロボット社の遠隔操作ロボット「ウォリア」で1階南西のエリアを清掃  
    ・大物搬入口から入って格納容器に至るまでの約100平方メートルの床
     (窒素ガスを封入する為の配管工事に必要な場所)
    ・ドラム缶3本分のホコリを除去
    ・16ヶ所中9ヶ所で放射線量は下がったものの依然として高い
     床に鉄板を敷き詰め、放射線を遮る作業を7月3日から開始、1/3に抑えたいとのこと
    ・7月6日:窒素の注入に使う配管などの調査(予定)
    ・7月8日:問題がなければ、配管を繋ぐ作業を開始(予定)
    ・7月17日までに窒素注入を始めたい(予定)

原子炉冷却水
・汚染水
 ・7月2日夕方までの汚染水処理量は1万1170トン
  内、3580トン淡水化処理終了→原子炉の冷却に使える状態
 ・熱交換器による汚染水冷却は行っていない
  浄化処理の過程で自然に冷えるからなのだという。(要するに冷めるという事ね)
 ・セシウム吸着塔ベッセルの交換が必要なため、稼働率80%が当面の目標
・冷却水
 ・ダムから取水した水:1万6000トン(8000トンのタンク×2)


核燃料プールの状況
1号機のプール
・使用済み核燃料:292体→「発熱量は小さい」と見ている
・水温が計測不良
循環冷却はまだ→既設の設備が使えるか確認を急いでいる
2号機のプール
・使用済み核燃料:587体
・5月31日 循環冷却システムが稼働
・7月3日 AM 5:00 プールの水温34度
3号機のプール
・使用済み核燃料:514体
・6月30日 循環冷却システムが稼働
・7月3日 AM 5:00 プールの水温34.8度
4号機のプール
・使用済み核燃料:1331体
・水温:85度(湯気が立っている)
・建屋が大きく損壊:耐震補強が7月中に完成する目処が立つ(6月20日発表)
 鋼鉄製の支柱(長さ8メートル)32本をコンクリートで覆って強化

仮設防潮堤
・6月30日に完成(7月1日に写真を公開)
・設置ヶ所・高さ
 ・3号機、4号機、汚染水の移転先の集中廃棄物処理施設周辺
  (長さ360mに渡って防潮堤を設ける)
 ・海面からの高さ:14m
  ・防水シートや金網で包んだ石を2〜4m積み上げて海面から14mにした
・強度
 ・M8クラスの余震による高さ8mの津波に備えたもの
 ・津波の破壊力を考えると強度は充分とは言えない。
  (将来的にはコンクリート製の防潮堤を作る必要がある)

作業員の熱中症対策

・7〜8月中:14時〜17時の炎天下の作業を原則禁止
 (やむおえず作業を行う場合:冷却効果の高い衣類を着用+作業の合間に休憩)

作業工程

・ステップ1終了まで、あと2週間(7月17日頃だろうか?)
 細野豪志原発事故担当相:「1号機から3号機に窒素封入を行い、水素爆発の危険性をなくす。そして、安定冷却する」ことが「ステップ1」の区切り
・3号機の作業が遅れ気味
・4号機プールの循環冷却は「ステップ1」では難しそう(7月17日以降と言う事か?)

避難状況
 細野原発事故担当大臣
 17日をめどに緊急時避難準備区域の解除を検討したいという考え
 しかし、政府は学者の申し入れを却下しており、あまり信用できない
 日本の放射能問題は深刻=元内閣官房参与・小佐古氏 

広告を非表示にする