読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

SONYがコバルトを使わないリン酸鉄リチウム電池を販売する

ソニーが量産開始、リン酸鉄リチウムを採用した大容量Liイオン2次電池モジュール
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110418/191190/
 
だけど...1kwhあたり、30万円とは高いじゃありませんかと思う。多分、殆どが開発費なのだろうね。この電池の特徴は、1日1回の充電で10年以上もつ、耐久性(3650回以上?)1時間で90%充電出来る高速充電性能、高出力が可能(今回の製品では最大出力2.5kw)。高価なコバルトを使わず、リン酸鉄を使うのでレアメタル依存しないが...今のところ1kwhあたりの値段が高い。容量は1.2kwh。リチウムは使うがコバルトという高価なレアメタルを使わないのと、素早く充電出来、高出力が可能であること。でもkwhあたり30万円というのがな...高いコバルトを使わないメリットを生かし切れていないのか、残念な価格設定。自分的には一般消費者向けに携帯用バッテリー(USB端子出力)を発売して、量産効果で安く上げて欲しかったな。業務用の高〜い製品を作るんじゃなくてね。多分、業務用だと、この値段でもいいんだと思うけど。せっかく高価なコバルトを使わないんだからさ、そのメリットを生かしたものをタイムリーに出して欲しい。(でも、量産ってそんなに簡単に出来るものでもないか…)
 
まとめ
・特徴   :コバルトを使わず、入手が容易なリン酸鉄を使う
・充電時間 :1時間で90%充電(フル充電2.5時間)
・充放電回数:3650回以上(放電深度に左右されない)
・電気容量 :1.2kwh
・高出力  :2.5kw(この製品では)51.2v
・重量   :17kg
・サイズ  :432×421×80mm(取付器具を含まず)
・値段   :30万円/kwh
・発売日  :4月下旬
 
プレスリリース
オリビン型リン酸鉄を用いたリチウムイオン二次電池
1.2kWh蓄電モジュールの量産出荷を開始
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201104/11-053/