読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

地震発生メカニズムの考察(推測)

科学

地震の発生メカニズムを推察

今回の地震気象庁の発表や地震学者の説明を聞いていると、震源地の分布が静電気のように発生しているように感じた。つまり、マントル活動によって岩盤と岩盤がこすれて、電気と振動が地下水に供給されたら...と考えると、酸水素ガスの話が思い当たった。

  • 酸水素ガス (5分19秒)

もし、その酸水素ガスに引火して爆発したら...と考えれば地震のメカニズムが分かるような気がした。というのは、今までマントル活動によって土地が沈み込むあたりは、理解出来たのだが、それが反発するのはイマイチ想像出来なかった。しかし、ここに爆発現象が介在すると、反発するのも分かる。この間、NHK地震特集で最新の地震のCGをみたのだが、地下で巨大な爆発が起きているような球形の震動波が生じているのを見て、何らかの爆発現象が地震の正体なのではないかと感じるようになった。そんな矢先、地震爆発説を聞く事になる。

火山活動により、地層と地層が擦れ合って、振動と電力を地下水に供給すると酸水素ガスが生じ、そのガスに引火すると爆発的な衝撃が生じ、これが地震の原因となると推定すると、地震が連鎖する理由、地下に大量の水を注水すると地震が起きる理由、ダムを造ると地震が起きる理由も説明出来る。また、発生した電力が断層にそって雲を吸い寄せる事で地震雲が生じる事も説明できる。犬が地震を感知出来るのも犬の優れた嗅覚が、大量の電力から生じるイオン臭をかぎ分けて、吠えると考えれば筋が通る。酸水素ガスならば、酸素と水素の両方を持っている為、それ自体で引火出来る。もしかしたら、これが地震の発生メカニズムというジグソーパズルの最後のピースかもしれない。
 
しかし、この説明だと、なぜ地震の時に地下から酸水素ガスが吹き出してこないのかとか、なぜ、水の沢山ある地表面で爆発しないのかとか、色々突っ込みどころがある。また、それほどのガスが生じるとして、地下でどのように引火するのかとか、結構変な事になってしまうので、私の単なる妄想かもしれない。
 

広告を非表示にする