SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

省エネ暖房:少ない電力で温かく

東北関東大震災によって、電力が不足しているのに寒い。ということで、少ない電力で温かさを手に入れる方法をリストアップした。
 
ツール
1.電気毛布 & 電気ひざ掛けが最も消費電力が少なく、温かい

  • 電気毛布系が最も消費電力が少なく、自分が使っている電気ひざ掛け(なかぎしNA-052H)だとこうなる。消費電力が少ない割に充分温かい。ひざ掛けは寝る時にも、電気毛布のようにも使える。電気毛布系が一番電力が少なく、温かい器具だ。

 

  • 消費電力(NA-052Hの場合、他の同種のものも大体同じだろう)
  • 弱:20度(3w/h)
  • 中:36度(18w/h)
  • 強:52度(32w/h)

 
2.保温する

  • プチプチを窓に張る。両面テープで貼る。プチプチは100円ショップやホームセンターで売っている。自分もやってみたが結構効果があるのでオススメ。

 
3.湿度を上げる

  • 効用
  • ・湿度が40%以上になると風邪のウィルスが飛散しにくくなる。
  • ・汗が蒸発しにくくなり、気化熱によって体温が奪われる事がなくなるので冷えにくい。
  • やり方
  • ・濡れタオルを干す。洗濯物を部屋で干す。

 
4.保冷剤をお湯で温めてカイロにする。

 
衣類編
1.Tシャツを二枚重ねて着る。(ロングTシャツがのぞましい)

  • 動きやすい割に温かい

 
2.マフラーを腰に巻いて腹巻きにする

  • 腹が冷える時には便利

 
3.リストバンドを手首にはめる

  • 首、手首、足首など、皮膚が薄くなっているところを温めると体全体が温まる。なぜなら、皮膚の薄いところから血液が冷えて全身に回るからだ。

 
 

広告を非表示にする