SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

人類は戦争を卒業できるか?

0.今日は終戦の日

  • 今日は終戦の日なので戦争について書きたい。テーマは「人類は戦争を卒業できるか?」だ。

 
1.戦争は狂気の沙汰

  • 私の義父は戦争に行ったので、戦争について聞いてみた。「なぜ人を殺したの?」と聞くと、「当たり前だろ、やらなきゃ、自分が殺される」と言われた。つまり、殺さなければ、自分が殺されるから、とにかくやる。それが戦争なのだ。そういう状況に人を落とし込む狂気の沙汰としか思えないような行為が戦争なのだ。

 
2.戦争には経済が必ず関係している

  • 歴史の先生に戦争には必ず経済が関係していると教えてもらった。例えば、日本が真珠湾攻撃に踏み切ったのは、アメリカの石油の禁輸処置によってエネルギー源を絶たれた日本が起死回生の為に、石油のある南方の西洋列強の植民地を日本が支配して石油を獲得し、大東亜共栄圏を打ち立てるという戦略の元、真珠湾攻撃が行われた。つまり、戦争の元々は発端は石油(経済)だったのである。

 
3.人類は戦争を辞める事は出来ないのか?

  • 昔、友人と人類は戦争を辞める事が出来るかと言う話をした時、友人は、人類は戦争をやめる事は出来ないと言った。人類の過去の歴史を見れば、妥当な意見ではあるし、歴史的解釈から言って、それは正しい。私はUFOを見た事で別の見解を持っているが、私もUFOを見ていなければ、彼と同じ意見だっただろう。

 
4.戦争をやめたであろう知的生命体はいる

  • 私は中学生の頃、UFOを見た。夕方、オレンジ色に光る楕円形のものが三機編隊で雲の上をジェット機並のスピードで飛び、直角に曲がった事で、私はUFOだと確信した。直角に曲がると言う幾何学的な動きが自然物ではあり得ない動きであり、また、人類の科学力ではジェット機並のスピードで直角に曲がろうとすると、衝撃で空中分解をしてしまう。どう考えても、人類以外のものが作ったと思われるものを見た時、私はこう考えた。科学力は最低でも1000年以上進んでいると思われるほどの技術水準、そして、それだけの力がありながら、地球を支配しないと言う事は、支配欲とか権力欲とかを克服した存在であると推測でき、また、それだけ高度な文明を滅びる事なく継続維持できたという事だから、戦争と言う行為も卒業している。つまり、私はUFOを見る事で、人類の未来の姿を見る事が出来た。人類の過去から見れば絶望しかないが、UFOという形で未来を見たので、私には希望がある。

 
5.人類が戦争をやめる時がくるのか?

  • 私の答えはYES、それもこの50年以内にそれが可能だと考える。私は温室効果ガスの削減プランを考えた時、石油などの特定の地域に偏在する地下資源に依存しない社会システムの構築が可能(参考資料)だと分かった。つまり、太陽、風、地、水の力で人は、文明的で豊かな生活を送る事が出来るという事が統計的に可能であると分かった。自然エネルギーと省エネを組み合わせれば、石油を得る為に南方や中東に攻め入るなんてことはしなくていいのだ。どこにでもある太陽や風や水の力で何とかなる事が分かった。歴史の先生が言った経済の問題を科学技術で解決できる目処が今後50年以内にたちそうなのだ。だが、経済的問題が解決しても、人は戦争をやめないと言う問題がある。それは支配欲などだ。これには立体映像で作ったバーチャルリアリティを使った体験型教育システムによって子供達に戦争の悲惨さを直接的に伝える教育を施す事で解決する。従来の文字や2D映像による歴史(教育)では、想像力による補間が必要であり、それが理解できるのはごく一部のエリートのみ、しかし、3次元の立体映像で見る世界は、そういう想像力の補間が必要なくダイレクトに理解する事が出来る。この直接的な情報伝達(教育)によって、戦争は狂気である事を未来の子供達に伝え、その上で自然エネルギーで作り出した安定した経済社会を構築する事によって戦争を撲滅する。経済的にも意識的にも、戦争と言う行為を否定する事により、人類は戦争をやめる事になる。そして、差別や支配欲などの弊害もバーチャルリアリティによって子供達に伝える事で、選民意識や極端なナショナリズムもなくす。3D映像は「映像」を「体験」に変えるパワーがある

 

  • 主な資源の自給戦略(偏在する資源に依存しない社会)
  • 太陽光
  • 石油藻→バイオディーゼル→シリーズ型ハイブリッド車電気自動車:燃費1/3)
  • →バイオオイル→暖房→断熱ガラス(エネルギー40%カット)
  • →バイオポリマー→強化ポリマー(NOC参考飼料)→鉄の需要(主に建築物・車)+石炭
  • 食用藻→飼料→牛や豚→肉・卵・牛乳
  • 集光型太陽電池発電効率40%)→電気(全電力の14%)

 

 

  • クラウドシティ(全電力の35%)
  • 電子化に伴い物理都市が使う全体の35%の電力を消滅させる。

 

  • LED(全電力の10%:200lm/wの場合、現在は80lm/w相当)
  • LEDによる省エネ効果により、全電力の20%に相当する照明の電力消費を半減させる

  

  • 人類は戦争をやめる事は出来る。戦争の発端となる経済的困窮を科学技術で撲滅し、人々の意識からはバーチャルリアリティによる体験型学習プログラムによって、戦争の本当の姿を体験させる事で、戦争をやると言う事がいかにバカバカしい事なのか教える。経済的困窮をなくす事で、戦争をするニーズを消滅させ、直感型教育によって価値観としても撲滅する。人の体(空腹の克服)と心(無知の克服)の両面から戦争を抹消する。それが私の戦争抹消プランだ。

 
 

広告を非表示にする