SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

iMac 2010 発表

iMac 2010 モデルが発表された。眺めてみると、マイナーバージョンアップのデカイ版と言う感じだ。プロセッサが1.5倍8%向上とGPUが3.5倍くらい高速化して、メモリがクロックアップしたという感じ、去年の製品のインパクトに比べる変化が地味、ただ、性能的には大幅にパワーアップした。特に下位機種はCPUとGPUのメモリが共有している状況が解消され、それぞれに専用のメモリが割り当てられている。これは、大きな違いと言えるだろう。もっといえば、CPUはCore i3世代なので、チップセットを介する事なくダイレクトにメモリと接続されている。これによりメモリアクセス速度が早くなる。内部のアーキテクチャ的には、スッキリと分離され、高速化したと言える。それでは、スペックの比較をしてみよう。
 

 
21.5inch iMac 一番安い奴比較(違っている部分のみをピックアップ)

2009 iMac 21.5 2010 iMac 21.5 変わったところ
CPU 3.06GHz Core2Duo 3.06GHz Intel Core i3 1.5倍に8%高速化
Cache 3MB共有L3キャッシュ 4MB共有L3キャッシュ キャッシュ容量1.3倍
RAM 1066MHz 1,333MHz 1.3倍にクロックアップ
GPU Geforce 9400M ATI Radeon HD 4670 推定3.5倍に高速化
VRAM CPUのメモリと共有 256MB GDDR3メモリ 専用メモリになった
SD SDHC SDXCカードスロット 32GB以上のメモリカードが使える

 
プロセッサパフォーマンス
参考資料:http://hardware-navi.com/cpu.php

Core2Duo E7600 :3060+
Corei3-540 :3305

 
グラフィックパフォーマンスはGeforce9600に近いものを採用しているようだ。
参考資料:ATI Radeon HD 4670ベンチマーク
参考資料:GPU性能比較
 (この中でGeforce9400Mはスコア2067に対しHD4670は6995と3.5倍となっている)
 
以前のものはモバイル版のチップだったから、ディスクトップGPUとしては、性能が低かったが、今回のものはディスクトップのものを採用してきた為、大幅に性能アップしている。クロック周波数が上がっていないのにプロセッサの速度が早くなったのは、新コアの採用と専用メモリとダイレクトに繋がっているのが大きいと思う。今回のものは去年のもののグラフィックのスペックアップ版と言えそうだ。
 
Apple iMac仕様
http://www.apple.com/jp/imac/specs.html
 

広告を非表示にする