SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

iPhoneのアンテナ問題について

iPhoneのアンテナ問題について、自分は騒ぎすぎだと思った。なぜならば、カバーをつければ対処できる。もっと言えば、問題の部分にセロテープを貼れば、簡単に改善できる。自分だったら、iPhoneにセロテープ(透明度の高い高品位なセロテープ)を張って使うだろう。自分でお金も大してかけずに問題が解決できるのならば、自分だったら目くじら立てない。自分が問題にするのは、ユーザーだけでは対応不可能な問題で不便な場合、例えばモニターに異音が生じるとか、そういう問題だと、ユーザーには対処できない。内部の部品の問題だからだ。パーソナルコンピューターは基本的に思考する為の道具だから、静かな方がいい。特にモニタは、通常、音がするものではない。基本的に無音に出来るものだ。それが標準だと思っているから、その標準以下の仕様で問題が生じ、ユーザーだけでは回避できない状況となったら問題にする。しかも、無音の製品に交換しなかったと言うのならば、問題のある標準以下の仕様をユーザーに押しつけたと見なし問題視する。思考する道具としての前提条件を満たしていないと解釈するわけだ。しかし、iPhoneの問題は、通信機器として問題となるものの、ユーザーが絶縁処理をすれば対処できると話を聞いた時、「別にいいや」と思った。それに、話を聞いていくと同様の問題は、他の携帯電話にもあるようなので、Appleの発売時の判断としては、他と同じだから特に問題視されないだろうと思ったのだと思う。しかし、iPhoneは、他の携帯電話と違って目立つから、問題が起きても同様に目立ってしまった。その結果、大きな問題になった。ある意味、このアンテナ問題の根底には、Appleの話題性が結果としては、携帯電話業界で従来からあった問題を白日の元にさらしたと言う事なのだと思う。
 
でも、今回の騒動によってメーカーも注意して作るようになるから、そんなに悪い事ではなかったのかもしれない。
 
ちなみに最近の透明セロテープは、耐久性の高い奴がある。昔だと、時間がたつとボロボロになったものだが、今の奴は違うらしい。100円ショップで買ったのだが、確かに性能が上がっていると感じる。透明だし、耐久性も高い。セロテープも見えないところで進歩しているんだなと感心した。

広告を非表示にする