SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

サッカー、パラグアイ戦の総括

見ていて思ったのは、何回かミドルシュート打つしかないのに、パスをしてしまっていた。例えば、キーパーが真正面にいても、ミドルを打つべきなんだ。なぜなら、ゴール前でパスをすると、その分、防御の硬いチームは、防御体制を固めてしまう。つまり、ゴール前でパスをすると言う事は、敵に時間を与えてしまう事なのだ。
 
万年ディフェンスだった私に言わせると、相手のパスは自分達の時間となる。ディフェンスにとって、恐ろしいのは、時間を与えずに間髪入れず攻撃してくる奴。防御体制を固める前に攻撃してくるので、やられる危険が最大になる。特にゴール前はそう。
 
ある意味、日本チームは、パラグアイのディフェンスを舐めていたと思う。なぜなら、ゴール前で余計なパスをして、相手に寸分の時間を与えてしまえば、その寸分の時間で、パラグアイのデェフェンスは防御体制を完成させてしまう。だから、余計なパスをするのは、相手の防御力を舐めていたと言えるのだ。
 
キーパーが真正面にいても、シュートを打つ必要があるのは、ボールの方が人間の動作よりも速い事、パラグアイのような防御力の高いチーム相手に、余計なパスをしたら、その時間で捕まる可能性が高く、反面、シュートをすれば、運良くキーパーがボールをはじく可能性もある。そして、その瞬間にボールをゴールに押し込むチャンスの方が大きいのだ。余計なパスをしたら大抵捕まるね。
 
日本チームには、レーザーのようなミドルシュートが打てる攻撃力が欲しい。安易なパスをしないで、さっさとシュートをゴールにぶち込む事。またキーパーの身長や体格から、真正面からでも取りにくい場所があるはずだ。そういうところに狙い撃ちするような高度なシュート力が必要だと思う。
 
これが日本チームに対する。自分の感想。他の部分は良かった。特に敵が攻撃してきても、素早く相手のボールを魔法のように奪い取り、中盤までは素早いパスワークで攻撃に転じるところはすごくいい。問題はそこから先なんだよな〜惜しいな〜と思いながらイライラする。可能性があるのに、それをモノに出来ないところをイライラするんだよな。あとディフェンスはいいけど、キーパーはダメ。見ていてヒヤヒヤする。キーパーは硬いデフェンスに頼っていると思った。キーパーがダメだから防衛ライン超えられると辛い。PK戦になると弱いと思う。キーパーには、あと4年かけてフリーキックPK対策をきちんとやってもらいたいと感じた。キーパーが1本でも取れれば勝機が見えてくるのだから。
 
最後まで集中力切らさず頑張れるところもいい。後はシュートだけなんじゃね?そう思えてしまうパラグアイ戦だった。パラグアイ戦そのもの特徴は、お互いの防御力以上の攻撃力がないチーム同士の戦いと言ったところだろうか?優勝候補のオランダに1点だけしか取らせなかったのは、評価に値する防御力だと思う。つまり、単純に言うと、2点取る攻撃力があれば、オランダにも勝てる防御力を持っていると言う事になる。この大会でオランダが優勝したら、オランダから2点取る攻撃力があれば、優勝が見えるんじゃね?そう妄想したりする。つまり、そこがキーじゃないかと思うんだな。結構発想が単純だけど。世の中シンプルな答えこそ、結構強かったりするんだよな〜
 

広告を非表示にする