SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

iPad CloudReaders(フリーウェア)で自炊


CloudReaders:無料のPDFビュワー
0.ネット小説のテキストデータを縦書きPDFにする。

1.ネット小説のテキストデータをコピーする
2.iTextExpressのドキュメントにコピー
3.iTextExpressでドキュメントを設定する

  • 書類サイズ:A4
  • フォント :ヒラギノ明朝 Bold
  • 文字サイズ:11ポイント
  • 書式メニュー → 「縦書きにする」を選択
  • 行方向  :縦書き
  • 書式メニュー → エクストラ → 「間隔」を選択(以下の設定にする)
  • 行の高さ :倍数 :1(他はゼロ)
  • 文字サイズ×(1+倍数)
  • 最小値:18
  • 書式メニュー → ページレイアウト
  • 余白   :上下左右 2cm
  • 書式メニュー → 文書情報(四角の外枠をクリックして背景力、中が文字色)
  • 文字色  :12%(K:30.72)
  • 背景色  :92%(K :235.52)

 
上記のように設定し、プリントを選び、PDFとして保存を選択し、PDFファイルを作ってiTunesを開いてiPadを選択し、Appタブを開き、下の方に行くとCloudReaderのアイコンがあるので、そこをクリックし、右に空欄があるので、そこに作ったPDFファイルをドラッグすると、iPadにPDFファイルが書き込まれる。あとは、iPadからCloudReadersを開いて、PDFを開けば、縦書きの本の出来上がり。
 
この縦書き設定は、背景色がグレーであることにより眩しさを抑え、文字色も若干黒を減らす事でギラつき感を抑えている。こういう工夫は長文を読むのに必要。あとヒラギノ明朝Boldの設定理由は、小さい文字は太字にする事で読みやすくなるから。後は行間、余白は、文庫本みたいな感じを目指した。この設定で大体、読めるようになると思う。
 
iPadで自炊するのは、非常に読みやすくなるから、まるで紙に印刷しているかのような読みやすさがあるので、Print Out ではなく、Pad Outという感じだ。iPadは、書類の整理に有効だ。自由なスタイルで読めるのは事の他、便利。文字はキレイだし、背景色をペーパーホワイトにすれば、紙で読んでいるのに近い感覚で読める。それと本と違ってページが跳ねないのでiPadを立て掛けて、ページをめくる時だけ手を使うという非常に楽な読み方が出来る。通常の本だと、ページは常に抑えていなければいけないし、反射光なので、光源との角度を合わせないと影になって読めないが、iPadは自発光なので、別に光源を気にせず、自由なスタイルで読める。だから、自分としては、紙の本よりも読むのが楽だ。