SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

諦めという思い込み

諦めとは一種の思い込みではないかと最近感じる事がある。なぜならば、充分に努力した末に諦めるのならば、それは正当な諦めであるが、そうでない場合は、可能性が残っているのにダメだと思い込む、単なる思い込みに過ぎないからだ。しかも、可能性とは良く考えたり、努力したり、そういう行動が伴っておらねば手に入らぬもの、だから、そういう事をする前の諦めとは、真の諦めではなく、単なる「思い込み」に過ぎない。しかも、自分が充分に努力したかどうかは、分からない事が多く、そういう事から考えると、諦める事は、ある種の思い込みと考えてもいい。どっちにしろ、諦めるべき時は諦めるのだが、その時と言うのは、思い込みではなく、充分に努力したと言うある種の満足感が伴っていなければいけないと思う。それがない内は諦めではなく、思い込みだと思う。

広告を非表示にする