読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

サッカーで点とれない日本代表について

私は運動ができない、健康でもない、最近、1ヶ月も風邪が治らないので医者に行くと「1ヶ月も風邪が治らないの?それはおかしいね〜」と言われて「アレルギーかもしれないから漢方薬だしておくね」と言われた。要するに体の性能はあまり高くない。子供の頃からそうだった。かけっこはいつもビリ、よくてビリから二番目、そういう感じだった。そんな私も中学生の頃、サッカーで一点とった事がある。そこで、その時の経験を元に日本のサッカーの弱点を述べるとしよう。
 
私はサッカーではデフェンスにいた。足が遅いし激しい動きはできないし、消化不良で腹が痛いから、なるべく動かなくていい所にいた。ボールが来たら皆がくるまで守り切る。それが私のプレイスタイルだった。だが、皆がボールに群がってダンゴ状態になっている姿を遠くから見ていておかしいと思っていた。敵が沢山いるところにわざわざ集まってしまったら、ボールをとっても自由にプレイできないだろうに...もっと言うと問題は、ゴール前だった。今の日本代表と同じだ。ゴールから一歩手前の、敵の防御体制が固まる前にシュートを打つ事が必要なのに、ゴール前でちんたらパスばかりしている。まるで責任のなすり合いをするようにパスばっかりしている。見ていてイライラしたので、味方のボールをとっている奴の後ろについて、こぼれ球でシュートを打ってやろうとコバンザメのように後ろに張り付いて走った。
 
そこへ調度、ボールが転がってきた。自分の運動能力だと、ドリブルで突破するのは無理なので、ここからシュートしかないし、何より敵の防御体制が固まってからでは遅い、そこでこぼれ球は即シュートという事で思いっきり蹴った。すると、運良くキーパーが背が低い奴だったので高目のミドルシュートが見事に入った。蹴った時、ボールがスローモーションのように見え、キレイな放物線を描いてゴールに突き刺さった。言ってみればまぐれ、だけど点は取れた。今の日本代表について、私に言わせると、敵の防御体制が固まるまで、ちんたらパスしてないでさっさとシュート打てよという事。要するにシュートとは、プレイ中に流れているリズムを寸断する事にある。しかも意表をつくタイミングでそれをやる事なのだ。ロナウドみたいなトップの連中は、そういう事ができている。シュートが打てる状況になったら、躊躇無くさっさとシュートを打つ。中学生の時の私も同じ、チャンスがあったら打ってしまう。運動オンチの私でもシュート入っちゃったのは、それは、チャンスのタイミングをきちんと把握していたからにほかならない。日本代表が点を取れないのは、そのタイミングの計り方が遅いと言う事。
 
いつもデフェンスの私が攻撃をしたのは、シュートを入れたあの時だけ、つまり、私はある意味、判断力だけでシュートを入れた。攻撃経験もなし、運動能力最低、でも、分析力でチャンスのタイミングを的確に把握して、それが入った。日本に足りないのは、シュートが出せるタイミングになったら躊躇無く打つ姿勢だと私は思う。敵の防御が確立する前にシュートを打つ。チャンスがあったら鷹のように一気に獲物を狙う。その思いきりの良さが日本の選手のプレイには足りない。ゴール前でちんたらパス...敵に時間を与えすぎ、これじゃ勝てない。日本代表のプレイは、中学生の頃の運動オンチの私のプレイにも劣る。チャンスのタイミングを計れないようでは、ゴールなど狙えない。ゴール前に来たら、さっさとシュート打てよ日本代表!!シュート出すタイミングが遅いんだよ。
 
チャンスがあったらどんどんシュートを打て!完璧なシュートなどいらない、サッカーはゴールにボールが入ればいいの。それで点が取れるルールなんだから。だから、とにかく入れられそうだったらさっさとシュート、その方が敵に与える時間も短くて、デフェンスが確立していないし、それ故に自由にボールがコントロールできる。それなのに、シュートが打てるチャンスのタイミングでパス...このタイミングの遅さが日本代表の弱点のように思えてならない。
 
運動オンチのオレでも入れられるゴール、それはタイミングを理解していたから。
運動能力があっても入れられない日本代表、それはタイミングを理解していないから。
 
日本代表に足りないのはチャンスのタイミングを把握するインテリジェンス、センス。
技術はあっても、インテリジェンスとセンスが足りなくて点が取れない感じがする。
日本代表はメッシやロナウドのプレイを見習うべき、特にシュートを打つタイミングを。
 
それと、パス回しで確実にゴールを入れようとしているように見えるが、それはデフェンス側にとっては最も読みやすい行動。極めてオーソドックスな動きであり、予測が楽。意表をつく為には、その発想は捨てるべき。つまり、点が取れない構造は、まず、確実に点をとろうとするあまり、予測しやすい経路を辿る。そして、シュートを打つタイミングが遅いので、デフェンス側にとっては、防御体制を整える時間も充分あるので守りやすい。
・予測しやすい:オーソドックスすぎる
・時間がある :防御体制を整える時間が充分にある
つまり、点が取れない。私はそう見る。
 
日本代表のプレイはゴール前でおかしくなる。途中まではいいパスも上手い、しかし、ゴールに向かい合った途端、パスばっかりしてシュートしない。パスからシュートするタイミングへの切り替えが素早くできていない。