SKY NOTE

skymouseが思った事考えた事を記したもの

大義とは何か

大義とは、皆が納得する理由だと思う。大義なき争いが敗北になるのは、それは力による対立には際限がないからだと思う。つまり、復讐に次ぐ復讐の末に、国全体がまとまらず、それ故に誰もが敗者になる。大義のない争いは、勝者なき事態に陥る。

誰も納得せぬから、争いが止まらない。際限なく争い続ける。911も大義なきアフガン戦争が生んだものだった。あの戦いは、誰も納得しない。内容が酷すぎる戦争だった。つまり、アフガン戦争の後、20年以上たって、アメリカは911で敗北した。誰も納得しないからこそ、争いが終わらず、復讐に次ぐ復讐で結局は負けてしまう。

そういう意味でテロリストを増やすのは、大義のない戦争だと思う。だから、イラク戦争の様な戦争は絶対してはいけなかった。するにしても証拠が明らかになってからするべきだった。

争いで勝利をする為には、そこに義(納得する理由)が成立していないと、誰も負けを認めない。故に際限なく戦い続けられて、結局負けてしまう。911イラク戦争を眺めていて、そう思う。つまり、義のない争いは、敗北を意味するのだ。

日本だって、戦争でアメリカに負けたけれども、経済でアメリカに一度勝った。それは、日本だって、大空襲でめちゃくちゃやられた事を根に持っていたのだ。でも力じゃかなわないから経済で勝つという大義名分の名の元、一生懸命働いて勝った。アメリカはそうやって負けた。

要するに戦争でも、犯罪捜査でも、きちんと義(法、あるいはそれに準ずる精神)を通さなければ勝利はない。何らかの形で納得しない戦いは、それが背後でくすぶり続ける。結局不正は一種の逃げだ。逃げ続けていても、それは本質的には何も解決していない。同じ問題が追いかけて来るだけ。

また、逃げているうちに他の問題も蓄積して、問題自体が肥大化して来る傾向もあるので、なるべく早くそういう事はしない方がいい。ある種のガン細胞の様なものだ。一見片付いたと思っても、他の場所に転移してまた悪さをする様なしつこさがある。だから、そういうものと縁を切り「終わらせる」為に義がある。イラク戦争が終わらないのは、そういう義が欠けていたからだと思う。戦争をするには軽率な発想だった。